Select Language : English 日本語

南北アメリカ

ブラジル: English / 日本語 / Português do Brasil
アメリカ: English

ヨーロッパ、中東、アフリカ(EMEA)

EMEA:
(ベルギー, フランス, ドイツ, オランダ, スペイン, アラブ首長国連邦, イギリス)
English / 日本語 / Español / Deutsch / Français
ロシア: English / 日本語 / русский

アジアパシフィック

日本(法人のお客さま): English / 日本語
日本(個人のお客さま): English / 日本語
オーストラリア(NTT Com ICT Solutions): English
中国本土: English / 日本語 / 簡體中文
香港/マカオ: English / 日本語 / 繁体中文 / 簡體中文
インド: English / 日本語
インドネシア: English
韓国: English / 日本語 / 한국어
マレーシア: English
フィリピン(DTSI): English
シンガポール: English / 日本語
台湾: English / 日本語 / 繁体中文
タイ: English / 日本語
ベトナム: English / 日本語
cmn_ic_service-kobetsu_appserv

クラウドメール|メールホスティング
Enterprise Mail

利用シーン、事例

具体的な導入事例をご紹介します。

製造業 A社
金属工業B社
流通業C社
化学系D社

製造業 A社 閉域網接続型のクラウドサービスで安心セキュリティ!

課題:Note更改、セキュリティ不安 決め手:セキュリティ不安、閉域網接続 効果:業務効率UP!働き方改革、自社セキュリティを維持しながらメールを外出

課題

Notes更改

Notes(独自開発)のコスト面・運用面での負荷が大きく、H/W更改を機に全面アウトソースしたい。

セキュリティ不安

クラウド型メールサービスにはインターネット経由での利用が前提としてが多く、セキュリティに不安あり。

 

決め手

クラウド型メールサービス

社内網(閉域)からのアクセスだけでなく、外出先からPCや携帯、スマートフォンからのリモートアクセス接続が可能。

閉域網接続

Enterprise Mailは閉域網(VPN環境)と直結しているため、お客さま内部環境と同等の高いセキュリティを担保。

詳細はこちら

 

効果

10,000人規模の会社のA社では、独自開発をしたNotesの更改にあたり、メール環境のあり方を検討していました。また、コスト削減やシステム管理者の運用負担減などを考え、クラウド型のメールサービスの導入を検討することになりました。クラウド型のメールサービスについて、いくつかのサービスを検討した結果、比較した他のクラウド型メールサービスは、インターネット経由での利用が多く、セキュリティ面に不安を感じていました。Enterprise Mailは閉域網(イントラネット上)で利用可能なサービスであり、自社のセキュリティレベルを下げることなく使えるので選定しました。さらに、エンドユーザーは、リモートアクセス環境を使え、業務効率やワークバランスの向上を実現し、情報システム部門の従業員のメールの運用負荷を大幅に軽減することができています。

ご利用ユーザー:A社さま 10,000人規模

クラウドメールサービス「Enterprise Mail」の閉域網接続型のASPサービスで安心セキュリティのイメージ図

※NTTコミュニケーションズでは、新しいVPNサービスとして「Arcstar Universal One」を提供しております。

Arcstar Universal Oneの詳細はこちら

金属工業 B社 全社でメールポリシーを一元化!管理コストDown!

課題:コスト削減、運用稼働逼迫 決め手:一元管理、充実のサポート 効果:メール環境の統合で、管理費用の分割損をなくして費用削減実現!会社ポリシーの一元管理に成功管理稼動の大幅削減

課題

コスト削減

従来の自社メール基盤は非常にコストが高く、アウトソースして物理コストを下げたい。

運用稼働逼迫

自社資産を持つことで、少人数の情報システム部が稼働逼迫。ICT資産を持ちたくない。

 

決め手

一元管理

複数のメールポリシーを一元的に管理。サーバーの容量増加、スペック増設などの個別の設備投資が不要。

充実のサポート

導入から切替、運用時のお問い合わせ対応等、弊社技術担当者とヘルプデスクによる全面サポート。システム担当者さまの負担を軽減。

詳細はこちら

 

効果

2,000人規模の2つのグループ関係にあるB社では、2つのドメインを使っていましたが、メール環境の全社統合(新ドメイン)を契機に、クラウド型のメールサービスを検討しました。いくつかのサービスを検討していく中で、数千人規模の企業ではあるものの、情報システム担当が少ないことから、現在のメールクライアントソフトの使い勝手の良さを特に重視しました。メーラーでの接続も可能なことによって、既存メールクライアントソフトとの併用ができることや、Webメールのインターフェースがメールソフトと非常に近いこと、携帯電話によるリモートアクセスができること、既存の閉域網(VPN環境)を活用することでのトータルメリットから、Enterprise Mailを選定しました。さらに、会社としては2社のメール環境を統合することで、全社でメールポリシーを一元化し、メール環境の管理コストを大幅に削減しています。

ご利用ユーザー:B社さま 2,000人規模

クラウドメールサービス「Enterprise Mail」の全社でメールポリシーを一元化!管理コストをDownのイメージ図

※NTTコミュニケーションズでは、新しいVPNサービスとして「Arcstar Universal One」を提供しております。

Arcstar Universal Oneの詳細はこちら

流通業 C社 内部統制対策には、メールアーカイブで確実に残す!

課題:内部統制基準、アウトソースへの不安 決め手:メールアーカイブ最大10年間保存、管理ポータル 効果:内部統制基準Clear! 運用の見える化!きめ細やかな設定が可能

 

課題

内部統制基準

社内の内部統制基準により、メールデータを一定期間残さなければならず、必要な時に必要なメールがすぐ出せるようにしたい。

 

決め手

メールアーカイブ最大10年間保存

ご契約年数に応じて、容量無制限でメールを保管。必要な時に検索可能なアーカイブサービスを提供。

 

効果

1,000人規模の会社のC社では、メールシステムの更改にあたり、メール環境とインターネット接続環境の見直しを行うことで、コスト削減を考えていました。
いくつかのサービスを検討した結果、インターネット接続環境とメール環境の一元提供ができることや、メールBOXの大容量化しつつ、メールアーカイブを利用することでの内部統制の対策が実現できることで、Enterprise Mailを選定しました。

Enterprise Mailでは、NTTコミュニケーションズが提供している日本国内の堅牢なデータセンター上にあることで安心感が持てること、メールアーカイブ容量は無制限なので、メールも気にすることなく保存しております。

ご利用ユーザー:C社さま 1,000人規模

クラウドメールサービス「Enterprise Mail」の内部統制対策には、メールアーカイブで確実に残す!のイメージ図

※NTTコミュニケーションズでは、新しいVPNサービスとして「Arcstar Universal One」を提供しております。

Arcstar Universal Oneの詳細はこちら

化学系 D社 メールソフトと使い勝手の変わらない高機能Webメール!

課題:メールソフトからWebメールへの切替、容量を気にせず使いたい 決め手:直感的なWebメールインタフェース、直感的なWebメールインタフェース 効果:業務効率を下げずにWebメールへの切替を実現、図面ファイル等、大きなファイルもBOX容量気にせず送受信可能に

 

課題

メールソフトからWebメールへの切替

メーラ(POP受信)利用していたが、品質や操作感の良いWebメールに切り替えたい。

容量を気にせず使いたい

Webとメールのリソースを共有して使っていたため、慢性的なリソース不足に悩まされていた。

 

決め手

直感的なWebメールインターフェース

Enterprise Mailは初めての方でもすぐにお使いいただけるため、ユーザー教育が不要。

詳細はこちら

大容量Webメール

Enterprise Mailはユーザー一人あたり、最大10GBの大容量のメールBOXを提供。

 

効果

100人規模の会社のE社では、閉域網(VPN環境)ではなく、インターネットからの接続のみで使いやすい企業向けWebメール(ASP型)を検討していました。コンピューター操作が得意な方から、苦手な方までさまざまな人が働くE社では、いくつかのサービスを検討した結果、今まで使っていたメールクライアントソフト(メーラー)とほとんど使い勝手の変わらないEnterprise MailのWebインターフェースに安心し、Enterprise Mailを選定しました。具体的な選定のポイントとしては、Webメールでありながら右クリック操作や、ドラッグドロップ操作、フォルダー単位/メール単位のエクスポートができること、フォルダーの作成や仕訳機能、メール検索機能もユーザーの思い通りの操作が可能であることでした。また料金についても、通常のEnterprise Mailサービス(閉域網型)ではなく、インターネット接続向けの廉価版の提供により、納得の採用となっています。

ご利用ユーザー:E社さま 100人規模

クラウドメールサービス「Enterprise Mail」のメールソフトと使い勝手の変わらない高機能Webメール!のイメージ図

0120-106107

受付時間 9:30~17:00 (土日祝日を除く)

ページ上部へ


お問い合わせ/お申し込み/資料請求

このページのトップへ