Select Language : English 日本語

南北アメリカ

ブラジル: English / 日本語 / Português do Brasil
アメリカ: English

ヨーロッパ、中東、アフリカ(EMEA)

EMEA:
(ベルギー, フランス, ドイツ, オランダ, スペイン, アラブ首長国連邦, イギリス)
English / 日本語 / Español / Deutsch / Français
ロシア: English / 日本語 / русский

アジアパシフィック

日本(法人のお客さま): English / 日本語
日本(個人のお客さま): English / 日本語
オーストラリア(NTT Com ICT Solutions): English
中国本土: English / 日本語 / 簡體中文
香港/マカオ: English / 日本語 / 繁体中文 / 簡體中文
インド: English / 日本語
インドネシア: English
韓国: English / 日本語 / 한국어
マレーシア: English
フィリピン(DTSI): English
シンガポール: English / 日本語
台湾: English / 日本語 / 繁体中文
タイ: English / 日本語
ベトナム: English / 日本語
cmn_ic_service-kobetsu_appserv

Agurippa

Agurippa

Agurippa

アカウントアグリゲーションサービスは、主に金融機関向けのソリューションです。銀行や証券会社、クレジットカードなどの各種金融サービスや、EC(電子商取引)、ポイントサービスなどの複数オンラインサービスのID、パスワードをアグリゲーションサイトに登録することにより、利用者の利便性向上を図ることを可能としたものです。

お問い合わせ/お申し込み

0120-106107

受付時間 9:30〜17:00
(土日祝日を除く)

概要
特長
機能一覧
画面イメージ
導入メリット
情報取得可能な企業リスト

概要/アカウントアグリゲーションとは

概要

これまでの常識を覆すIT技術が生んだ新しいサービス
エンドユーザには洗練されたライフスタイルを
顧客企業には新たなビジネス機会をプロデュースします。

インターネットの普及とブロードバンド化に伴い、現在、多くのユーザが、銀行や証券会社、クレジットカード等の各種金融サービスや、EC(電子商取引)、ポイントサービスなどの複数のオンラインサービスを利用しております。その利用が急速に高まる一方で、エンドユーザは、サイトごとにID、パスワードを保有、管理しなければならず、アクセスする度に、その入力を求められています。その煩雑さを解決するのが、このアカウント・アグリゲーションサービスです。エンドユーザは、いったん、それぞれのサービスのID・パスワードをアグリゲーション(=集合)サイトに登録することにより、その後は各サイトに自動的にアクセスすることができ、クレジットカードやECサイトの利用状況、公共料金の請求情報なども一目で確認できるようになります。
大手金融機関やポータルサイト運営企業などで導入機運が高まっており、この機能を応用した利便性の高いサービスが続々と誕生しております。

アカウント・アグリゲーションの未来

アカウント・アグリゲーションサービスによって
(アカウント・アグリゲーションの未来)

認証から商品提示・決済・利用確認までに至る一連の消費フローを一覧で表示することが可能となりますので、例えばCRM、ファイナンシャルプランニングツールと連動することにより、レコメンデーションやポートフォリオシミュレーションといった、より付加価値の高い機能を提供することが可能となります。このような効果は金融機関だけにとどまらず、ECサイトやコンテンツ提供サイトを含め、本プラットフォーム上の情報を提示する事業者間で決済連動や動機的なアフィリエイトサービスの展開が可能となり、ネットワーク上でのコラボレーションの可能性は無限に拡大していきます。NTTコミュニケーションズ株式会社はこれからもアカウント・アグリゲーションの機能拡充、進展を図ることにより、ブロードバンド時代における個と企業を活かす「豊かなコミュニティ」の創造に貢献していきます。

特長

豊富な情報取得可能企業(コンテンツパートナー)

アカウント・アグリゲーションサービス成功の最大の要因は、様々な産業から多数のプレーヤーが参加するネットワークを構築し、いわゆる「ネットワーク効果」を産み出していくことです。「Agurippa」では、国内最大級のコンテンツパートナーの提供が可能で、今後もその特徴を生かし、継続的にネットワークの拡大を実現していきます。コンテンツパートナーのラインナップは金融コンテンツはもちろんのこと、それに特化することなく請求、EC、メール等幅広いジャンルのコンテンツを用意していきます。

  • 国内最大級のコンテンツパートナー数
  • 中立性を生かした全企業グループへのアプローチ

充実した運用、サポート

アカウント・アグリゲーションの高いサービスレベルを維持するために、定期的なエラー監視体制、情報取得の成功率は97%以上を保つ等の高いサービス品質を維持する基準を設け日々の運用をおこなっております。また、エンドユーザーからの問い合わせのエスカレーションに対応したヘルプデスク、テクニカルサポートを設置して安定運用を実現しています。

  • 24時間、365日運用
  • 導入企業様カスタマーサポートへの事前研修
  • エンドユーザー操作マニュアル・FAQのご提供
  • お問合せ内容のエスカレーションに対応したヘルプデスク
  • テクニカルサポートによる故障等緊急時対応の実現

お客さまニーズへの柔軟な対応

アカウント・アグリゲーションサービスでは、各社の差異化と付加価値提供のため、新しい機能、そして新しいサービスをお客さまのニーズに合わせて継続的に提供しつづけることがカギとなります。NTTコミュニケーションズ株式会社が提供する「Agurippa」は、国内にて開発、保守をおこなっているシステムを採用しているため、機動性、柔軟性を意識したシステム・開発体制・オペレーション体制の構築が可能です。

  • 自社グループ開発による仕様の自由度確保
  • 国内でのオペレーション

高度なセキュリティと信頼性

エンドユーザの資産情報などを扱うアカウント・アグリゲーションサービスにおいては、セキュリティに対する万全の対応が必須です。NTTコミュニケーションズ株式会社では「Agurippa」の提供に際し、長年培ってきた技術力・オペレーション力と実績をベースに、お客さまに安心してご利用いただけるサービスを提供いたします。

  • 通信インフラに最適の設置環境
  • 明確なセキュリティポリシーの設定と定期的な見直し

高い費用対効果

アカウント・アグリゲーションサービスは、エンドユーザーの利便性向上と同時に、導入企業様のリテンション向上、コンテンツパートナー各社様の露出増、全体としてトランザクションの飛躍的な活性化に繋がるものと期待されます。また、ASPサービスならではのリーズナブルな料金で提供していきます。

  • 国内発のアグリゲート情報に基づくアラートメールを利用した収入機会の提供
  • 広告挿入による収入(またはコストダウン)機会の提供

機能一覧

Agurippaの提供する多彩な機能。順次拡大中!

機能名 機能概要
アグリゲーション機能 インターネット上に点在する複数のサイトから情報を取得し、一覧する機能
カレンダー機能 カレンダーにアグリゲーション機能を連携し、銀行の取引明細やキャンペーン情報をカレンダー上にプロットする機能
つけない家計簿機能 家計簿にアグリゲーション機能を連携し、自動で収支情報を家計簿に反映させ、簡単に家計管理や分析ができる機能
ポイントマネージャー機能 ポイントサイトのポイント情報を一括管理し、ポイント間の交換先や集約先をシミュレーションする機能
連携機能 ライフプランシミュレータ-連携機能 ライフプランシミュレーションサイトとアグリゲーションを連携し、資産情報をライフプランシミュレーションサイトに自動記入する機能
家計簿連携機能 家計簿ソフト等にアグリゲーション情報(収支情報)をダウンロードする機能
アラート機能 口座引落アラート機能 アグリゲーションで収集した銀行の口座残高とクレジットカードの利用額を比較し、引き落とし不能の場合にメール等でお知らせする機能
目標額達成アラート機能 エンドユーザが設定した目標額にアグリゲーションで収集した資産の合計額が達した場合にメール等でにお知らせする機能
外貨アラート機能 エンドユーザが設定した為替レートに実際の為替レートが達した場合にメール等でお知らせする機能
スキミングアラート機能 エンドユーザが設定したカード利用額を超えた場合にメール等でお知らせする機能
サマリー表示機能 バナー広告機能(Iフレーム) アグリゲーション画面において、広告を表示する機能
レコメンド広告機能 アグリゲーション情報においてある一定の条件に合致するユーザのみに特定のバナー広告を表示する機能
資産データフィードバック機能 アグリゲーションで収集した資産情報を個人情報を除くかたちで、OEMパートナーに月1回フィードバックする機能
スマートフォン表示機能 アグリゲーション情報をスマートフォン端末(Android、iOS)に表示する機能
モバイル表示機能 アグリゲーション情報を携帯端末(3キャリア対応)に表示する機能
CSVダウンロード機能 アグリゲーション画面で表示される資産情報および明細情報をCSV形式でエンドユーザがダウンロードできる機能
手動入力機能 エンドユーザが手動で資産情報および負債情報を入力し、アグリゲーション画面に表示させる機能
ソフトウェアキーボード機能 アカウント登録をする際にソフトウェアキーボードにてアカウント情報を登録できる機能
クレジットカード
未確定明細表示機能
クレジットカードCPの未確定明細を取得し、情報を表示する機能
RSS情報表示機能 ニュース情報等の一般情報をRSS形式のコンテンツを表示する機能

画面イメージ

口座情報一覧

口座情報一覧

カレンダー

カレンダー

ポイントマネージャー

ポイントマネージャー

導入メリット

銀行

銀行、証券、クレジット等の情報を一覧表示することにより、資金移動や口座振替などの決済機会の増加が促進されます。

オートログイン機能により関連企業サイトへのユーザ遷移がシームレスとなり、グループ企業全体のユーザビリティが向上します。

個人資産情報を一元的に管理することにより、業界の枠を越えたファイナンシャルプランニングツールの提供が可能となり、アカウント・アグリゲーション導入企業サイトの付加価値を向上させます。

証券会社

証券口座、銀行口座情報の一覧表示により、エンドユーザに資金移動イメージを提供することができ、アカウント・アグリゲーション導入企業サイトにおける取引を訴求することができます。

お客様の保有する資産情報を一元管理することで業界の枠を超えたファイナンシャルプランニングツールを提供することができ、アカウント・アグリゲーション導入企業サイトの付加価値を高めることができます。

複数の証券会社を、ご利用のエンドユーザに対し、税金計算ツールを提供することにより、エンドユーザの誘導が可能となります。

クレジットカード会社

個人資産情報とカードの請求情報の一覧表示により、引き落とし不能ケースの減少、カードローンへの誘導を訴求することができます。

Webでの明細確認が促進され、請求書の郵送コストを削減することに繋がります。

加盟店情報の一覧表示によりカード決済を促進させる購買サイトの構築が可能となり、カードの利用促進を図ることができます。

ポータルサイト・ECサイト

商品選択、購入からお手元に届くまでの一連の消費行動を一覧で提供することが可能となり、アカウント・アグリゲーション導入企業サイトの魅力化のための強力なツールとなります。

商品情報と個人資産情報の並列表示により、エンドユーザに具体的な消費イメージを提供することができ、購買ページの訴求力強化、販売促進に繋がります。

関連企業との連携による新たな広告ビジネスでの収益が期待できます。

イントラネット

財形貯蓄・社内預金・社員持株会・福利厚生プランなど、社員の福利厚生に関する情報を一括管理できます。

社員個人の資産形成に役立てることができます。

社内に散らばる各種情報を一括管理することが可能です。

情報取得可能な企業リスト

対象企業数は国内最大級。さらなる拡大を予定!

個人向けアカウント

*企業名(サービス)は50音順とさせていただきます。

銀行
足利銀行 イオン銀行 大垣共立銀行
オリックス銀行 鹿児島銀行 北日本銀行
群馬銀行 京葉銀行 西京銀行
埼玉りそな銀行 滋賀銀行 静岡銀行(ダイレクト)
静岡銀行(WebWallet) じぶん銀行 ジャパンネット銀行
常陽銀行 新生銀行 住信SBIネット銀行
スルガ銀行 セブン銀行 ソニー銀行
第三銀行 大和ネクスト銀行 千葉銀行
中央労働金庫 東京スター銀行 東京都民銀行
東邦銀行 福岡銀行 福島銀行
福島銀行(投信) 北都銀行 北洋銀行
北陸銀行 北國銀行 みずほ銀行
三井住友銀行 三井住友銀行(ワンタイムパスワード用) 三井住友信託銀行
三菱東京UFJ銀行 三菱UFJ信託銀行 南日本銀行
武蔵野銀行 八千代銀行 横浜銀行
楽天銀行 りそな銀行 ゆうちょ銀行
SMBC信託銀行    
証券
アイザワ証券 エイチ・エス証券 岡三オンライン証券(日本株式)
カブドットコム証券 さわかみ投信 セゾン投信
証券ジャパン 大和証券 立花証券(e支店)
立花証券(タチバナストックハウス) 東海東京証券 東洋証券
内藤証券 野村證券 野村ネット&コール
フィデリティ証券 松井証券 マネックス証券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券 みずほ証券 楽天証券
GMOクリック証券(証券取引口座) SBI証券 SMBC日興証券
SMBCフレンド証券    
クレジット
アプラス アメリカン・エキスプレス イオンクレジットサービス
出光カード エポスカード エムアイカード
オリコ ジャックス セゾンカード
セディナ(OMC Plus) セディナ(CFWebiew) セブンカード・プラス(VISA)
ゴールドポイントカード・プラス ダイナースクラブ タカシマヤカード
ティーエスキュービックカード 東京カード ファミマTカード
三井住友カード 三菱東京UFJ銀行 スーパーICカード 三菱東京UFJ銀行ICクレジットカード
ミレニアム/クラブ・オンカード セゾン ライフカード 楽天カード
りそなカード《セゾン》 りそなカードVISA dカード
DCカード JCB JFRカード
ENEOSカード(C・P・S) MUFGカード NICOSカード
NTTグループカード SuMi TRUST CLUB カード TOP&カード
UCSカード UCカード VIEWカード
Yahoo!Japanカード    
外国為替取引
岡三オンライン証券(FX) GMOクリック証券(FXネオ) マネックス証券(マネックスFX)
YJFX!    
商品先物取引
岡地(商品先物) ドットコモディティ(Formula)  
貴金属
田中貴金属工業    
確定拠出年金
JIS&T NRK  
ローン
楽天銀行(スーパーローン)    
ECサイト
イトーヨーカドー DeNAショッピング 西友
Amazon gooID HMV
ZOZOTOWN パルシステム  
電子マネー
ちょコムeマネー 楽天Edy nanaco
WAON    
ポイント
ちょびリッチ ニトリ ビックカメラ
フルーツメール プレコ マクロミル
まんぷく島 予想ネット ヨドバシカメラ
CMサイト Gポイント IQOS
NTTコムリサーチ PointIncome Ponta
Potora To Me CARD T-SITE(T-POINT/T-CARD)
T-SITE(T-POINT/T-CARD)
PointIncome
インターネットプロバイダ
ぷらら    
マイレージ
アメリカン航空 デルタ航空 ANAマイレージクラブ
JAL    
生命保険
日本生命    
公共料金/電話料金
東京ガス 東京電力 東京都水道局
横浜市水道局 ソフトバンクモバイル au
NTTコミュニケーションズ NTTドコモ NTT西日本
NTT東日本    
ポータル
Yahoo! JAPAN    

 

料金

料金については、お客さまの状況によって個別お見積となりますので、
お気軽にお問い合わせください。

 

 

 

セキュリティポリシー

エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ株式会社(以下、「NTTコミュニケーションズ(株)」といいます)がアカウント・アグリゲーションシステムを運営するにあたり、以下のセキュリティ対策を行なっております。

 

(1)暗号化
利用者が本サービスへのアクセスに際し、ネットワーク上を流れる情報は、漏洩、盗聴、偽造、改ざんからの保護を目的として、128bitSSL(Secure Socket Layer)により暗号化されております。

 

(2)個人認証
利用者が本サービスにあらかじめご登録いただいたお客様IDとパスワードにより利用者ご本人からのアクセスを確認しております。誤ったID,パスワードが一定回数以上入力された場合は、一定時間アクセスができなくなります。また、利用者がログイン後一定時間操作されなかった場合には、自動的にログアウトされます。

 

(3)システムへの不正侵入防止
データベースやサーバーは、ファイヤーウォールと365日24時間の監視システムにより、不正アクセスから保護されています。データベースやサーバーへのアクセスについてはアクセス権限を設け、厳重なアクセス管理を行っております。

 

(4)センターへの不正侵入防止
データベースやサーバーの設置場所は、不正な立入りや損傷及び妨害から保護するために有人による監視および施錠管理等の厳重な安全管理を行っております。

 

(5)お客様パスワードの非表示
お客様のご利用のサポートを目的として使用する情報端末には、お客様パスワードを表示しません。

 

(6)ウィルス対策
オペレーション端末およびメールサーバーにおいてウィルス検出ソフトの利用により、ウィルスの侵入を防止しております。

 

(7)災害対策
データベースやサーバーは、耐震構造や防火構造、自家発電装置等を完備した建物内に設置され、自然災害に対する対策には万全を期しております。

 

(8)監査
NTTコミュニケーションズ(株)は、セキュリティ品質の維持のために、定期的に第三者機関によるセキュリティ監査を行っております。

 

(9)その他
本サービスにおいて、利用者の指示により、利用者の情報を取得する際にアクセスサイトについてのセキュリティ要件については、当該取得先サイトのセキュリティ要件に準ずるものであり、当該セキュリティ要件については、当該取得先サイトでご確認することをお勧めします。

関連サービス

このページのトップへ