Select Language : English 日本語

南北アメリカ

ブラジル: English / 日本語 / Português do Brasil
アメリカ: English

ヨーロッパ、中東、アフリカ(EMEA)

EMEA:
(ベルギー, フランス, ドイツ, オランダ, スペイン, アラブ首長国連邦, イギリス)
English / 日本語 / Español / Deutsch / Français
ロシア: English / 日本語 / русский

アジアパシフィック

日本(法人のお客さま): English / 日本語
日本(個人のお客さま): English / 日本語
オーストラリア(NTT Com ICT Solutions): English
中国本土: English / 日本語 / 簡體中文
香港/マカオ: English / 日本語 / 繁体中文 / 簡體中文
インド: English / 日本語
インドネシア: English
韓国: English / 日本語 / 한국어
マレーシア: English
フィリピン(DTSI): English
シンガポール: English / 日本語
台湾: English / 日本語 / 繁体中文
タイ: English / 日本語
ベトナム: English / 日本語
cmn_ic_service-kobetsu_appserv

インターネット検定
「ドットコムマスター(.com Master)」

IPv6への取り組み

2011年4月に、アジア太平洋地域の RIR (地域インターネットレジストリ)であるAPNIC において、通常の申請により割り振り可能であるIPv4アドレスの在庫がなくなりました。アジア太平洋地域はいわゆる「IPv4アドレス在庫枯渇」の 状態となり、本格的なIPv6の時代が始まろうとしています。

 

ドットコムマスターでは、IPv4に代わる技術であるIPv6技術を利用した環境へスムーズに移行できるよう、IPv6に関するカリキュラムを充実してきましたが、IPv6普及・高度化推進協議会および電気通信端末機器審査協会(JATE)が運用する「ネットワーク技術者に求められるIPv6関連技術習得に係る資格試験認定」の「v6資格認定試験」において以下のとおり資格認定を受けてきています。

 

今後インターネット検定では、IPv4からIPv6への円滑な移行の手助けができる様、ネットワークの基礎から運用管理の技術・知識にとどまらず、最新のIPv6の動向や法律・規則までを体系化し、ICT技術者の確かなスキルを認定していきたいと考えています。

v6資格認定試験

(ネットワーク技術者に求められるIPv6関連技術習得に係る資格試験)

【ドットコムマスター アドバンス シングルスター】

認定番号 CQV6OP-A13001
種別 A; v6資格認定試験
資格カテゴリ ベーシック
名称 インターネット検定 ドットコムマスター アドバンス シングルスター(.com Master ADVANCE ★)
事業者 エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ株式会社

【ドットコムマスター アドバンス ダブルスター】

認定番号 CQV6OP-A13002
種別 A; v6資格認定試験
資格カテゴリ アドバンス
名称 インターネット検定 ドットコムマスター アドバンス ダブルスター(.com Master ADVANCE ★★)
事業者 エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ株式会社

【ドットコムマスター ★★★】

認定番号 CQV6OP-A09001
種別 A; v6資格認定試験
資格カテゴリ アドバンス
名称 管理者、設計者、導入者、運用・監視者
事業者 エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ株式会社

【ドットコムマスター ★★】

認定番号 CQV6OP-A10001
種別 A; v6資格認定試験
資格カテゴリ 管理者
名称 インターネット検定 ドットコムマスターダブルスター
事業者 エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ株式会社

【ドットコムマスター ★★】

認定番号 CQV6OP-A12003
種別 A; v6資格認定試験
資格カテゴリ アドバンス
名称 インターネット検定 ドットコムマスターダブルスター
事業者 エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ株式会社

【ドットコムマスター ★】

認定番号 CQV6OP-A12002
種別 A; v6資格認定試験
資格カテゴリ ベーシック
名称 インターネット検定 ドットコムマスターシングルスター
事業者 エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ株式会社

参照URL:http://www.v6pc.jp/jp/entry/wg/2012/02/v6qualification.phtml

 

なお、本ホームページは、IPv6 Forumが策定する「IPv6 Enabled WWW Logo」を取得しています。

 

このページのトップへ