Select Language : English 日本語

南北アメリカ

ブラジル: English / 日本語 / Português do Brasil
アメリカ: English

ヨーロッパ、中東、アフリカ(EMEA)

EMEA:
(ベルギー, フランス, ドイツ, オランダ, スペイン, アラブ首長国連邦, イギリス)
English / 日本語 / Español / Deutsch / Français
ロシア: English / 日本語 / русский

アジアパシフィック

日本(法人のお客さま): English / 日本語
日本(個人のお客さま): English / 日本語
オーストラリア(NTT Com ICT Solutions): English
中国本土: English / 日本語 / 簡體中文
香港/マカオ: English / 日本語 / 繁体中文 / 簡體中文
インド: English / 日本語
インドネシア: English
韓国: English / 日本語 / 한국어
マレーシア: English
フィリピン(DTSI): English
シンガポール: English / 日本語
台湾: English / 日本語 / 繁体中文
タイ: English / 日本語
ベトナム: English / 日本語
cmn_ic_service-kobetsu_appserv

インターネット検定
「ドットコムマスター(.com Master)」

団体受検について

インターネット検定「.com Master」は、企業や学校などによる団体(10名以上)での受検が可能です。企業では、人事・育成担当者様が、社員のスキルアップにつながる推奨資格としたり、新入社員のICTスキルを確認する場合等に活用されています。ま た、大学等では、情報系の講義を担当される先生が受講者(学生)の授業の成果を確認したり、就職活動に向けて資格取得を推奨する場合などに活用されていま す。

企業の利用シーン

1. 推奨資格として活用-IT系の企業などで、年間を通じて受検を推奨

  • 例1CBTのバウチャーチケットを会社でまとめて購入(人事・育成担当者様が購入)し、受検を希望する社員に配布。社員が受検予約を実施し、CBT会場で受検。
  • 例2社員が受検し、合格を人事・育成担当者様に報告することにより、受検料や奨励金を一時金として支給。

2. 新入社員などのICTスキル確認に活用-内定者や新入社員等に社員研修の一環として検定を活用

  • 例1CBTIBT)のバウチャーチケットを会社でまとめて購入(人事・育成担当者様が購入)し、内定者に配布。入社前までの合格を促す。
  • 例2新入社員研修の際などに、マークシートによる検定(PBT)を集合検定として実施。

大学等での利用シーン

1. 大学等の授業にカリキュラムを活用-情報系の授業等に活用。授業(学習)終了後に検定実施。

  • 例1公式テキストを教科書として採用し授業を実施(授業用のPPT資料を提供できます)。授業後の到達度確認を目的に、マークシートによる検定(PBT)を集合検定として実施。
  • 例2専門授業の前提として、基礎的なICTスキルのバラつきを是正することを目的に、公式テキストを受講する学生に配布。学生は自習後、期限までにCBTIBT)での受検をし、合否結果等を先生に報告。

ご希望の検定の形態

を、お選びください。

販売パートナーへご相談下さい。

このページのトップへ