Select Language : English 日本語

南北アメリカ

ブラジル: English / 日本語 / Português do Brasil
アメリカ: English

ヨーロッパ、中東、アフリカ(EMEA)

EMEA:
(ベルギー, フランス, ドイツ, オランダ, スペイン, アラブ首長国連邦, イギリス)
English / 日本語 / Español / Deutsch / Français
ロシア: English / 日本語 / русский

アジアパシフィック

日本(法人のお客さま): English / 日本語
日本(個人のお客さま): English / 日本語
オーストラリア(NTT Com ICT Solutions): English
中国本土: English / 日本語 / 簡體中文
香港/マカオ: English / 日本語 / 繁体中文 / 簡體中文
インド: English / 日本語
インドネシア: English
韓国: English / 日本語 / 한국어
マレーシア: English
フィリピン(DTSI): English
シンガポール: English / 日本語
台湾: English / 日本語 / 繁体中文
タイ: English / 日本語
ベトナム: English / 日本語
  • 資料請求・お問い合わせ・お申し込み
  • 無料トライアル実施中!

株式会社ブライトンコーポレーションさま

システム管理部 マネージャー
塩崎 誠さま

千葉県の新浦安に立地する浦安ブライトンホテル東京ベイ(以下、浦安)とパーム&ファウンテンテラスホテル(以下、PFTH)をはじめ、京都、大阪と合わせて5つのホテルを展開するブライトンコーポレーション。訪日外国人観光客の大幅増加、パートナーであるディズニーリゾート(R)人気など、さまざまな追い風を受け好調が続いている。同社は経営統合や事業拡大でインフラを次々に統合/拡張したため、同社の電話システムは複雑化していった。こうしたなか、浦安でPBX更改のタイミングを迎えたこともあり、電話システムやインフラ回線の見直しに着手することになった。

導入の背景

既存のオンプレミスの設備と連携した内線網のクラウド化に踏み切られた
そうですが、どのような課題があったのでしょうか?

経営統合、事業拡大にともない複雑化した電話システム。
“継ぎ足し”的な構成により、結果的に維持費が高額に。

 私どもは、5つのホテルを運営していますが経営統合や事業拡大でインフラを次々に統合/拡張したことにより、電話システムが複雑化していました。内線網は、3拠点はIP-VPNで、その他の拠点はデジタル専用線やアナログ専用線で“継ぎ足し”で接続している状況で、結果的に通信システムのコストが高額になり、内線網だけでも、毎月数十万の維持コストがかかり課題になっていました。
さらに、PBXは拠点ごとに導入時期が違うため保守期限がバラバラ。スムーズな管理を阻んでいました。PBXを交換するにしても、PBXは宿泊システムと連動させる必要があるため、同じオンプレミスでの新規導入は1台あたり5,000万円近いコストになってしまいます。全面的に入れ替えしたくても後継機種のイニシャルコストが壁となって踏み切れていなかったのです。こうしたなか、浦安でPBX更改のタイミングを迎えたこともあり、電話システムやインフラ回線の見直しに着手することになりました。

導入の決め手

「Arcstar Smart PBX」の、採用の決め手はどんなところだったのですか?

既存のオンプレミスPBXと連携させながら内線網をクラウド化。
スマホ内線化の拡張も魅力。

 決め手は、既存のPBXに手を加えずに安価に内線網を刷新でき、内線網の維持コストも抑制できるということでした。NTTコミュニケーションズのクラウド型PBXサービス「Arcstar Smart PBX」は、オンプレミスPBXと連携して導入できるので、基幹システムとの連携上なくすことのできない既存のPBXはそのまま残し、専用線で利用していた部分をクラウドPBXに置き換えるという方法で、5つの拠点でバラバラな通信設備でも導入が可能でした。
もう一つのポイントは、スマホで内線電話を利用できるという機能です。専用のアプリをインストールして簡単な設定だけで、社内、社外にかかわらずスマホで容易に内線を使える。BYOD(Bring Your Own Device)にも対応していて、ぜひ将来的に導入したいと考えました。
クラウド化の選択の背景には、もともと情報系/基幹系システムについても積極的にクラウド化に取り組んできた経緯もあります。ホテルとしては、システムやソフトウェア、マシンルームに投資するよりは、お客さまの滞在される空間への投資を優先したい。運用面で見ても、全拠点合わせて7人というシステム管理課のメンバーだけで維持管理することを考えたら、クラウドサービスという選択には意義があると考えています。クラウド化による適切な人員配置や安定したインフラ創出のほうが、お客さまへのよりよいサービスにつながるでしょう。

図 システム構成イメージ

導入後の成果

「Arcstar Smart PBX」導入後の成果についてお聞かせください。

内線網の維持コストを半減。
スマホの内線化で営業担当の業務効率化も

 コスト面では大きな導入効果がありました。従来、専用線の内線網の維持には全拠点合わせて月額で約30万円の費用がかかっていましたが、「Arcstar Smart PBX」導入後、約15万円まで減らすことに成功しました。同時に各拠点の既存のPBXの規模をミニマム化し、さらなるコスト削減も実現しました。
さらに、営業担当者や情シス担当者が所有する会社支給のスマホに「Arcstar Smart PBX」のアプリをインストールし、社内・社外で内線電話を利用できる環境を整備しました。これまではオフィスにかかってきた電話の取り次ぎの手間がかかっていましたが、「Arcstar Smart PBX」導入後は、社外にいる営業担当者のスマホに内線で転送でき、スムーズな電話応対が可能になりました。

私が重宝している「Arcstar Smart PBX」の便利な活用術

システム更改の際に外部ベンダーの担当者との連絡用としてスマホの内線電話をスポットで活用しています。一時的にIDとパスワードを付与して、担当者のスマホにアプリを入れて設定してもらうことで、簡単にスマホで内線通話できる環境が実現できます。 内線通話は通話料がかかりませんし、社外でも簡単に内線転送ができるので、夜間のシステム更改時には非常に便利です。

今後について

今後の展開について考えをお聞かせください。

BYOD導入でホテル内でのスマホ内線化。
社内コミュニケーションの強化によるサービス向上を。

 スマホで内線を利用したいというニーズは高く、将来的にはBYOD導入の構想も持っていまして、ポリシーの策定が完了したらホテルスタッフなどへの導入を前向きに進めるつもりです。浦安では構内PHSを導入していないため、かつて構内PHSの導入を検討したことがあるのですが、22階建ての全フロアにアンテナを設置すると1,000万円を超える構築コストがかかる上、隣接の事務棟にすら電波が届かない。高額なコストをかけて環境を整備しても、ごくわずかなエリアでしか使えないとあって断念しました。しかし、BYODによるスマホ内線化が実現すれば、端末購入コスト、インフラ整備コストの面でもさらなるメリットが期待できますし、スタッフのコミュニケーションが迅速化し、お客さまへのサービス向上にもつながると思います。今後は、内線をスマホ化するものと、固定電話のままにするものとすみ分けする。そうすることで、オンプレミスのPBXをスリム化し、さらなるコストダウンを図りたいと考えています。
また、PFTHでは、ホテルリニューアルのため、臨時のサテライトオフィスの設備構築が必要になったのですが、「Arcstar Smart PBX」は、既存システムと柔軟に連携できるので、近隣のグループ企業内に設置されたオンプレミスのPBXと連携させ、予約業務などを行う仮設事務所の内線網を安価に構築することができました。このような柔軟さは、今後の組織変更やさらなる事業拡大にも十分対応できると考えています。
電話というと技術的には既に枯れている印象があり、改善の余地もないように思われがちですが、決してそんなことはありません。今回のリニューアルでは、本当に良くなったという実感が得られました。今後もさまざまな施策を検討しており、改善を続けていきたいと考えています。

企業情報

社名 株式会社ブライトンコーポレーション
事業概要 オリエンタルランドのホテル事業を担う中核子会社「ミリアルリゾートホテルズ」の傘下で、千葉県の新浦安に立地する浦安ブライトンホテル東京ベイとパーム&ファウンテンテラスホテルをはじめ、京都、大阪と合わせて5つのホテルを展開している。2013年3月までは長谷工コーポレーションの子会社、その後ミリアルリゾートホテルズに事業譲渡。パーム&ファウンテンテラスホテルは2014年4月に経営統合した。
URL http://www.brightonhotels.co.jp/
資料ダウンロード
株式会社ブライトンコーポレーションさま 事例印刷用PDF(PDF/978KB)
Get ADOBE READER
PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、左のバナーをクリックしてダウンロード(無償)してからご覧ください。
  • 資料請求・お問い合わせ・お申し込み
  • 無料トライアル実施中!

このページのトップへ