Select Language : English 日本語

南北アメリカ

ブラジル: English / 日本語 / Português do Brasil
アメリカ: English

ヨーロッパ、中東、アフリカ(EMEA)

EMEA:
(ベルギー, フランス, ドイツ, オランダ, スペイン, アラブ首長国連邦, イギリス)
English / 日本語 / Español / Deutsch / Français
ロシア: English / 日本語 / русский

アジアパシフィック

日本(法人のお客さま): English / 日本語
日本(個人のお客さま): English / 日本語
オーストラリア(NTT Com ICT Solutions): English
中国本土: English / 日本語 / 簡體中文
香港/マカオ: English / 日本語 / 繁体中文 / 簡體中文
インド: English / 日本語
インドネシア: English
韓国: English / 日本語 / 한국어
マレーシア: English
フィリピン(DTSI): English
シンガポール: English / 日本語
台湾: English / 日本語 / 繁体中文
タイ: English / 日本語
ベトナム: English / 日本語

音声/コールセンター

PBXやCTIを導入する上で重要なことは、いかにコストを抑えるかということです。このような課題に対して有効なのはクラウドサービスを活用することです。【続きを読む】

顧客との新たなコンタクト手段として、昨今コールセンターで使われ始めているのがSMS(ショートメッセージサービス)です。この機能を活用することでどのようなメリットを得られるのか、分かりやすく解説します!【続きを読む】

応答率改善のためにも、Webサイト上へのFAQの設置は有効です。しかしながら、多くのコールセンターがFAQページを用意していても、応答率の改善が実感できないというケースもあります。【続きを読む】

人材確保や応対品質、業務効率などのコールセンターの課題を解決する上で最初に取り組むべきことは、現状の把握です。コール数などを分析し可視化することにより現状を把握し、課題の解決につなげます。【続きを読む】

応対時間の削減は、業務効率化だけでなく顧客満足度の向上にもつながります。そのために、コールを適切な担当に直接着信させることで、電話を引き継ぐ無駄を省くなどの対策が有効です。【続きを読む】

多様な働き方を実現し、それによって生産性向上を目指す「働き方改革」は、社会全体の関心事となっており、多くの企業がその実現に向けた取り組みを進めています。もちろん、多くの人材が関わっているコールセンターも例外ではありません。【続きを読む】

特集コンテンツ

この記事が注目されています

このページのトップへ