Select Language : English 日本語

南北アメリカ

ブラジル: English / 日本語 / Português do Brasil
アメリカ: English

ヨーロッパ、中東、アフリカ(EMEA)

EMEA:
(ベルギー, フランス, ドイツ, オランダ, スペイン, アラブ首長国連邦, イギリス)
English / 日本語 / Español / Deutsch / Français
ロシア: English / 日本語 / русский

アジアパシフィック

日本(法人のお客さま): English / 日本語
日本(個人のお客さま): English / 日本語
オーストラリア(NTT Com ICT Solutions): English
中国本土: English / 日本語 / 簡體中文
香港/マカオ: English / 日本語 / 繁体中文 / 簡體中文
インド: English / 日本語
インドネシア: English
韓国: English / 日本語 / 한국어
マレーシア: English
フィリピン(DTSI): English
シンガポール: English / 日本語
台湾: English / 日本語 / 繁体中文
タイ: English / 日本語
ベトナム: English / 日本語

クラウド

“クラウド”という言葉が社会に広まり、ビジネスにおけるITの利活用に大きな変化を生み出してから10年近くが経過しました。この間クラウド自体も大きく進化し、従来は対応できなかった課題を解決できるサービスも登場しています。果たして、最新のクラウドサービスを使うことで、IT環境をどのように変革できるのでしょうか。【続きを読む】

クラウド化できないシステムをオンプレミスで運用する際、必要となるのがデータセンターです。その選び方を解説します。【続きを読む】

建設業B社では、財務会計や管理会計にERPパッケージを活用しているほか、情報管理システムを整備してプロジェクトで日々使われるファイルを管理するなど、ITを積極的に活用して業務の効率化を進めています。【続きを読む】

建設業B社では、財務会計や管理会計にERPパッケージを活用しているほか、情報管理システムを整備してプロジェクトで日々使われるファイルを管理するなど、ITを積極的に活用して業務の効率化を進めています。【続きを読む】

企業が、クラウド等のICT基盤を活用してビジネスを加速する時、運用フローや体制をどのように設計するかは、非常に重要なポイントです。例えば、国内・海外で新しいビジネス展開を行う際や、新システムを構築する際など、アプリケーション側、ICT基盤側、それぞれ誰がそのシステムを運用するのでしょうか。【続きを読む】

いまクラウド化が困難なオンプレミス環境を持つ多くの企業で「ハイブリッドクラウド」の導入が進んでいます。しかしハイブリッドクラウドにはさまざまな利用形態があり、事前の充分な検討、準備なしには想定した効果は得られません。そこで失敗しないハイブリッドクラウド活用のヒントをクラウドスペシャリストがわかりやすくムービーで解説します。【続きを読む】

今、企業が自社システムをクラウドに移行する際に、「ハイブリッドクラウド」の形態をとることが多くなってきています。これは、企業内には低コストで、利便性の高いクラウドに適したシステムと、セキュリティ要件が高く、すぐにはクラウド化できないシステムの2つの側面があり、それを同時に管理し、最適化することが求められているからです。【続きを読む】

クラウド事業者の競争環境は、AWSやMicrosoftの2強を中心に市場は拡大している中、中長期的には、クラウド事業者の淘汰・再編後、寡占化が進んでいくと予想されます。 その一方で、IBMや富士通等の大手SI事業者等のハイブリッドクラウド事業による全体最適化による収益性の維持拡大を目指して行く動きが進んでいくとみられます。【続きを読む】

多くの企業ITで、パブリッククラウドの利用が始まっています。パブリッククラウドの利点としては以下のような事が挙げられます。・すぐに使い始められるし、すぐにやめられる。・使った分だけしか料金が発生しない。・料金がとても良心的。【続きを読む】

多くの企業でITを企業戦略の重要な一部として見直す動きが始まっています。ITを管理する部署にとっては、ややもすれば裏方として扱われがちだった立場を一気に花形チームに昇格するとても良い機会とも言えますが、一方で日々変化するビジネスの現場からの要求に対応できるようにサービスの迅速性と柔軟性をあげる、という大きな課題を突きつけられる事となります。【続きを読む】

クラウドサービスの利用によって、システム構築の考え方が大きく変わります。 従来のオンプレミスシステムの場合、ハードウェアの調達は、システム個別に調達を行い、人による設定作業を行ってきました。運用管理の場合も同様に、人的作業によるシステムごとに個別の運用管理の対応が必要でした。【続きを読む】

以前は、オンプレミス環境を利用しシステムインテグレーションやパッケージサービスを提供していた、いわゆるパートナービジネス事業者の間にも、まず真っ先にクラウドの利用を検討する「クラウドファースト」の考え方が浸透し、外部のIaaSやPaaS基盤を活用しながら、自社のサービスを強化する動きが定着してきています。【続きを読む】

いよいよ本格的に普及期に入ったといわれているエンタープライズクラウド。コンシューマー領域から、エンタープライズ領域でも大規模な基幹系システムのクラウド化を計画している国内企業が増えているようです。 本日は、黎明期からクラウドエバンジェリストとして活動されてきたヴイエムウェア株式会社の桂島 航氏と、NTTコミュニケーションズの林 雅之氏に、エンタープライズクラウドの現状と未来、ハイブリッドクラウドの展望など、様々な角度から語っていただきました。【続きを読む】

2016年の今年、「企業は、デジタルトランスフォーメーション(DX)を意識したビジネス展開が必須である」と声高に叫ばれています。また、調査会社のIDC社によると、「DXを採用したサプライヤーとパートナーの再選別により、2020年には今日存在している全世界のITベンダーの30%以上が姿を消す」という衝撃的な予測もされています。【続きを読む】

IT基盤の土台となるネットワークも、クラウド時代に対応するべく大きな進化を遂げています。ここでは、最新のネットワーク技術で解決できる課題を解説します。 【続きを読む】

高いパフォーマンスが求められる用途では、サーバーが持つリソースを余すことなく利用できる物理サーバーを使いたいといったニーズが高まっています。最近では、これまで一般的だった仮想サーバーに加え、物理サーバーをそのまま提供するクラウドサービスも登場しており、クラウド活用の幅を広げています。【続きを読む】

機能拡張されたEnterprise Cloud(以下、ECL2.0)では、ネットワーク系のメニューとして高機能なファイアウォール(Brocade 5600 vRouter)、Managed Firewall/UTMおよびロードバランサー(NetScaler VPX)を提供しており、ご利用いただくことが可能です。【続きを読む】

この数年で飛躍的な発展を遂げているクラウド市場。今まで様子見をしていた企業も、いよいよ現実的に導入を検討せざるを得ない段階まできていると言っていいだろう。【続きを読む】

Enterprise Cloudではサービスの一つとしてCloud Foundryを提供していますが、このたびCloud Foundry Foundationより「Industry Standard Cloud Application Platform」として認定されました! 日本において、本認定を取得したクラウドサービス事業者はNTT Comが初めてです。【続きを読む】

戦後最大となるGDP600兆円、希望出生率1.8、そして介護離職ゼロといった目標を達成するために、政府において取り組みが進められているのが「働き方改革」です。【続きを読む】

これまで導入には慎重と言われてきた金融業界においても、クラウドサービスの活用を始める機関が増えてきていますが、これにはどのような背景があるのでしょうか。【続きを読む】

クラウドコンピューティングの基盤ソフトウェアの代表ともいえる「OpenStack」(オープンスタック)。「OpenStack」とは、そもそもどのようなものなのでしょうか。そして、OSS(オープン ソース ソフトウェア)である「OpenStack」を、既に利用している企業は、どのような点を評価しているのでしょうか。【続きを読む】

賃貸マンションやオフィスビル、商業施設などの管理業務を主軸に据えて事業を展開するA社は、さらなるビジネスの拡大を目指して新規拠点の開設を加速させています。こうした攻めの経営によって売上を伸ばす一方、業務を支えるICTインフラに課題が生じていました。 【続きを読む】

デジタルビジネスの進展と、IaaSレイヤのコモディティ化により、PaaSレイヤを中心としたプラットフォームレイヤでのサービス拡大が進んでいます。【続きを読む】

世界各地から買い付けた食品原材料や農産物を食品メーカーに販売する事業を軸に、さまざまな輸出入ビジネスを展開している総合商社のC社では、基幹系システムの刷新に伴い、ITインフラを全面的にクラウド化する計画を立案します。【続きを読む】

アプリケーションを構築および稼働させるための土台となるプラットフォームをサービスとして提供するPaaS(Platform as a Service)。 その中でも、オープンソースのPaaSとしてデファクトスタンダードといえるのがCloud Foundryです。【続きを読む】

オープンソースのクラウド基盤ソフトウェアとして利用が進む「OpenStack」について、「日本OpenStackユーザ会」会長の水野伸太郎氏とNTTコミュニケーションズのクラウド・エバンジェリストである林雅之氏にそれぞれ「クラウドネイティブの新常識「OpenStack」とは」と題して、関連テーマについて語っていただきました。【続きを読む】

オープンソースのクラウド基盤ソフトウェアとして利用が進む「OpenStack」について、「日本OpenStackユーザ会」会長の水野伸太郎氏とNTTコミュニケーションズのクラウド・エバンジェリストである林雅之氏にそれぞれ「クラウドネイティブの新常識「OpenStack」とは」と題して、関連テーマについて語っていただきました。【続きを読む】

グローバル脅威インテリジェンス・レポートのサマリーを掲載しています。全文をダウンロードするには、下記ボタンからお問い合わせ下さい【続きを読む】

進化の激しいITの世界では、少し前まで「常識」だったことが「非常識」に変わることが珍しくありません。多くの企業で使われるようになった「クラウド」も例外ではなく、IoTやAI、ブロックチェーンやFinTechといった新たなトレンドを飲み込みながら、これまでの常識を覆して進化し続けています。果たして、今どきのクラウドはどうなっているのでしょうか。【続きを読む】

特集コンテンツ

この記事が注目されています

このページのトップへ