※過去の配信メルマガのため、URLはリンク切れとなっている場合がございます。

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  NTT Communications ━━━■
□  ICT Business Online News
■ --------------------------------------------------------------
□  担当者課題から紐解く
■  社用車管理ソリューション「Vehicle Manager」活用例
□  ~経営者&総務担当者編~
■ --------------------------------------------------------------
□                   2017年2月1日 発行
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■

 いつもご愛読ありがとうございます。
 NTTコミュニケーションズです。

  業務中、社用車で万が一、従業員が交通事故を起こしてしまったら…。
 事故処理にともなう対応や費用の発生はもちろんのこと、
 加害者となった場合は企業側の損害賠償責任を問われることになり
 経済的損失や社会的ダメージは計り知れません。

  交通事故を減らすには、運転傾向を「見える化」するところから始まります。
 また、適切な車両台数を維持するためにも、
 車両の稼働情報の「見える化」は重要です。
 
 では、どのように「見える化」を効率的に実現していくべきなのか…?
 今回は経営部門、総務部門の課題をケースに、
 IoTを活用した社用車管理業務改善の具体策をご紹介します。

 http://www.ntt.com/business/services/iot/iot/iot/vehicle-manager.html


  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ケース 1: 経営者の課題解決
 社用車での交通事故を削減!運転傾向の「見える化」で事故リスクを低減
  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  
  ●社員が大きな事故を起こさないか心配だ…
 ●全社を挙げて、交通事故防止の施策を何か打ち出せないだろうか?

 交通事故削減は企業にとって大きなミッションですが、
 事故要因はドライバーのモラルやテクニックによるところが大きく、
  対策が立てづらい傾向にあります。

     ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

  NTTコミュニケーションズの車両管理サービス「Vehicle Manager」なら、
  車両の運行情報から運転傾向の「見える化」を行い、
 運転者ごとの対策を立てることが可能になります。
 
 ドライバーごとの運転改善指導策を打ち出し、
 運転技術の向上を目指すことで交通事故を削減!

 ◎詳しくはこちら◎
  ⇒ http://www.ntt.com/business/services/iot/iot/iot/vehicle-manager.html#kei

 ◎資料ダウンロードはこちらから◎
  ⇒ https://dm.ntt.com/jp_iot02_dl-reg


  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ケース 2: 総務部門担当者の課題解決
 社用車の運用コスト削減を実現!~保有台数の適正化、燃料費・保険料の削減
  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ●社用車の車両台数を適正化して、コスト削減につなげたい
 ●燃費代や保険料が下がらない…

 保有台数の適正化と燃費向上による燃料費削減は、
 社用車運用コストの削減において大きなウェイトを占めます。
 しかし、運行日報や全車両の走行記録から必要な情報を抽出して
 車両稼働状況や燃費を把握するのは、膨大な手間や労力が…

     ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 「Vehicle Manager」では、車両管理担当者の方々が必要とする機能を
 使いやすいWEBアプリで提供します。

 【車両稼働情報】では、車両毎の利用時間や最大同時使用車両数を
 所属や駐車場単位で瞬時に「見える化」。
 余剰車両の精査や減車・拠点移動など、適切な保有台数の検証に有効です。
 余剰車両が減らせることで駐車場代の削減につながります。

 また、【運転成績表】では、燃費消費量・CO2排出量などを
 車両毎、ドライバー毎に「見える化」。成績順にランキング表示も可能!
 データを活用したエコドライブの推進指導は、燃料費削減のみならず
 事故件数、ひいては自動車保険料などの削減にもつながります。

 ◎詳しくはこちら◎
  ⇒ http://www.ntt.com/business/services/iot/iot/iot/vehicle-manager.html#soumu

 ◎資料ダウンロードはこちらから◎
  ⇒ https://dm.ntt.com/jp_iot02_dl-reg


 ■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
 ┃  車両の運行管理、運行日報の効率化や交通事故削減をサポート!  ┃
 ┃    IoT時代の社用車管理ソリューション「Vehicle Manager」   ┃
 ■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■

 車載器1台あたり(税抜)初期費用35,000円・月額費用1,500円で
 社用車の運行管理システムを、セキュアなモバイル回線と一括で提供。
 車両ごと・ドライバーごとの運行状況管理はもとより
 交通事故削減による事故処理費用や自動車保険料などの関連コスト削減、
 エコドライブによる燃料費削減もIoTでサポートします!

 ◎サービス概要はこちら◎
  ⇒ http://www.ntt.com/business/services/iot/iot/iot/vehicle-manager.html

 ◎「Vehicle Manager」を動画でわかりやすくご紹介!◎
  ⇒ https://youtu.be/cX3rbs9dXoU

 ◇◆お申し込みは今すぐ!お問い合わせはこちら◆◇
  ⇒お電話:フリーダイヤル 0120-106-107(9:30~17:00 ※土日祝を除く)
  ⇒フォーム:https://dm.ntt.com/jp_inq_1249_01reg


 ☆最後までお読みいただきありがとうございました☆


----------------------------------------------------------------------
【配信について】

◎本メールは、NTTコミュニケーションズのメール配信にご承諾いただいた
お客さまへ、システムより配信しております。
NTTコミュニケーションズの一部ページでは、クッキー(Cookies)やウェブ・
ビーコン(web beacon)を使用しています。

*クッキー(Cookies)とウェブ・ビーコン(web beacon)について
⇒ http://www.ntt.com/about-us/hp/webbeacon.html

■配信停止をご希望のお客さまは、下記ページより停止手続きをお願いします。
配信停止はこちら ⇒https://dm.ntt.com/ictbizon-unsubscribe

■メールアドレスの変更をご希望の場合は、上記URLより配信停止の手続き後、
新規登録をお願いします。
新規登録はこちら ⇒https://dm.ntt.com/ictbizon-subscribe

●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
┌──┐ 本メールに関するお問い合わせおよび配信内容に関する
│\/│ ご意見・ご要望は下記メールアドレス宛にご連絡ください。
└──┘ 配信停止希望のお客さまはお手数ですが上記専用ページよりお手続き
     くださいますようお願いします。
ICT Business Online 事務局 メールマガジン担当
メールアドレス:mailnews-desk@ntt.com
●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□■ 発行責任者
■ エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ株式会社
ICT Business Online 事務局
〒100-8019 東京都千代田区内幸町1-1-6 NTT日比谷ビル
http://www.ntt.com/business/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(C) NTT Communications
掲載記事を許可なく複製、転載する事を禁じます
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛