Select Language : English 日本語

南北アメリカ

ブラジル: English / 日本語 / Português do Brasil
アメリカ: English

ヨーロッパ、中東、アフリカ(EMEA)

EMEA:
(ベルギー, フランス, ドイツ, オランダ, スペイン, アラブ首長国連邦, イギリス)
English / 日本語 / Español / Deutsch / Français
ロシア: English / 日本語 / русский

アジアパシフィック

日本(法人のお客さま): English / 日本語
日本(個人のお客さま): English / 日本語
オーストラリア(NTT Com ICT Solutions): English
中国本土: English / 日本語 / 簡體中文
香港/マカオ: English / 日本語 / 繁体中文 / 簡體中文
インド: English / 日本語
インドネシア: English
韓国: English / 日本語 / 한국어
マレーシア: English
フィリピン(DTSI): English
シンガポール: English / 日本語
台湾: English / 日本語 / 繁体中文
タイ: English / 日本語
ベトナム: English / 日本語

クラウドスペシャリスト・リレーインタビュー 第3弾「ハイブリッドクラウド」

複数・異種クラウドを「適材適所」で利用できるハイブリッドクラウドとは


NTTコミュニケーションズ株式会社
クラウドサービス部クラウドスペシャリスト
稲穂 敬夫氏

今、企業が自社システムをクラウドに移行する際に、「ハイブリッドクラウド」の形態をとることが多くなってきています。これは、企業内には低コストで、利便性の高いクラウドに適したシステムと、セキュリティ要件が高く、すぐにはクラウド化できないシステムの2つの側面があり、それを同時に管理し、最適化することが求められているからです。

今回は、企業における「ハイブリッドクラウド」の利用実態や、クラウドサービス事業者の選定時の留意点について、NTTコミュニケーションズのクラウドスペシャリスト稲穂 敬夫(いなほ たかお)氏に聞きました。

「ハイブリッドクラウド」とは

― ハイブリッドクラウドとはどのようなもので、今、企業はなぜハイブリッドクラウドの形態をとるのでしょうか

NTTコミュニケーションズ 稲穂氏(以下、稲穂):

まず、ハイブリッドクラウドの定義は、「複数・異種のクラウドもしくはオンプレミスを連携して利用する適材適所のクラウド利用形態」といえると思います。そして、企業がハイブリッドクラウドを利用する形態は、大きく次の4つにわけられます。

①コストと性能のバランス
②クラウド化できないシステムがオンプレミスで残る
(セキュリティ要件やOS・アプリライセンスの制約でクラウド化できない)
③IaaSとSaaS型クラウドサービスの組み合わせ
④オンプレミスからクラウドへ移行期間のみの一時利用

さらに、一口に「ハイブリッド」といっても、その組み合わせ方法はいろいろあります。一つは「パブリッククラウド」と「プライベートクラウド(個社環境)」の組み合わせですね。例えば、業務システムをプライベートクラウドで構築して、バックアップデータの保管やDR(災害対策)サイトをパブリッククラウドで構築する場合などがあげられます。

また、NTTコミュニケーションズのお客さまには多いのですが、「プライベートクラウド(個社環境)」と、「オンプレミス(コロケーション)」という組み合わせもあります。実際に、お客さまのオンプレミス環境からとクラウド環境に移行する際、同一のハイパーバイザー( VMware vSphere /Hyper-Vなど)で構築していれば、L2レイヤーで接続し同一IPアドレスのまま移行することもできるため、とてもスムーズにクラウド化することができます

さらに、Enterprise Cloudの場合、「ベアメタルサーバー」 と「仮想サーバー(共用基盤)」の組み合わせも可能で、こちらの形態も「ハイブリッドクラウド」といえると思います。

― なるほど。実際には、どのくらいの企業がハイブリッドクラウドを選択しているのですか。

稲穂:

どちらかといえば、現時点ではまだ少数派だと思います。実際には、ハイブリッド化したいというよりも、すべてをクラウド化できない、何らかの事情によりオンプレミスを手放せないから、仕方なくハイブリッドにせざるを得ないということなのでしょう。ただ、クラウドが活用されるようになってきて、ハイブリッドクラウドの形態になる企業が増えてきていると感じます。

関連記事

この数年で飛躍的な発展を遂げているクラウド市場。今まで様子見をしていた企業も、いよいよ現実的に導入を検討せざるを得ない段階まできていると言っていいだろう。そこでクラウドNAVI編集部では、実際にクラウド導入した企業にヒアリング調査を実施。【続きを読む】

いまクラウド化が困難なオンプレミス環境を持つ多くの企業で「ハイブリッドクラウド」の導入が進んでいます。しかしハイブリッドクラウドにはさまざまな利用形態があり、事前の充分な検討、準備なしには想定した効果は得られません。【続きを読む】

日本各地に拠点を設立しているが、拠点間を接続するネットワークに問題があり、システムを安定して使えないといった状況が生じている。また、拠点によってセキュリティ対策の内容が異なるなど、ガバナンス面にも問題がある。【続きを読む】

特集コンテンツ

この記事が注目されています

このページのトップへ