Select Language : English 日本語

南北アメリカ

ブラジル: English / 日本語 / Português do Brasil
アメリカ: English

ヨーロッパ、中東、アフリカ(EMEA)

EMEA:
(ベルギー, フランス, ドイツ, オランダ, スペイン, アラブ首長国連邦, イギリス)
English / 日本語 / Español / Deutsch / Français
ロシア: English / 日本語 / русский

アジアパシフィック

日本(法人のお客さま): English / 日本語
日本(個人のお客さま): English / 日本語
オーストラリア(NTT Com ICT Solutions): English
中国本土: English / 日本語 / 簡體中文
香港/マカオ: English / 日本語 / 繁体中文 / 簡體中文
インド: English / 日本語
インドネシア: English
韓国: English / 日本語 / 한국어
マレーシア: English
フィリピン(DTSI): English
シンガポール: English / 日本語
台湾: English / 日本語 / 繁体中文
タイ: English / 日本語
ベトナム: English / 日本語

「うっかりクリック」による感染を防ぐ!
“インターネット無害化”によるマルウェア対策

  • 続々と登場する未知のマルウェアへの対策が必要

    Point

  • マルウェアの検知を前提としない対策を実現する「Menlo Security」 Point

  • Menlo Securityなら、悪意のあるWebサイトに誘導するメールにも対処可能 Point

 マルウェア感染による情報漏えいや、重要ファイルを人質にした身代金の要求など、サイバー攻撃への対策に不備があると企業活動が大きな被害を受ける可能性があります。こうしたサイバー攻撃への新たな対策として、注目され始めているのが「インターネット無害化」と呼ばれる手法です。

従来のセキュリティ対策では、未知のマルウェアに対応できない

 従来のセキュリティ対策は、マルウェアの検知と駆除に重点が置かれていました。仮に外部からマルウェアが送られてきても、インターネットと社内ネットワークの境界、あるいはサーバーやクライアントPC上で検知することができれば、被害を避けられるという考え方です。

 しかし、ウイルス対策ソフトにおけるマルウェアの検知率は低下し続けており、従来の考え方に沿ったセキュリティ対策では十分にリスクをコントロールすることができません。実際、主要製品で検知できない未知のマルウェアは90%を超えているという調査もあります。

 そこでマルウェアの検知を前提としない、新たなセキュリティ対策として注目を集めているのが「インターネット無害化」と呼ばれる手法です。

関連記事

機密情報の漏えいや重要ファイルを人質にした身代金の要求、あるいはIT環境の破壊など、サイバー攻撃への備えが欠けていると、甚大な被害をもたらす可能性があります。セキュリティ…【続きを読む】

ランサムウェアを使って多くの企業に影響を与える、大規模なサイバー攻撃が立て続けに発生するなど、インターネットにおけるセキュリティリスクは高まり続けているのが現状であり、対…【続きを読む】

特集コンテンツ

この記事が注目されています

このページのトップへ