Select Language : English 日本語

南北アメリカ

ブラジル: English / 日本語 / Português do Brasil
アメリカ: English

ヨーロッパ、中東、アフリカ(EMEA)

EMEA:
(ベルギー, フランス, ドイツ, オランダ, スペイン, アラブ首長国連邦, イギリス)
English / 日本語 / Español / Deutsch / Français
ロシア: English / 日本語 / русский

アジアパシフィック

日本(法人のお客さま): English / 日本語
日本(個人のお客さま): English / 日本語
オーストラリア(NTT Com ICT Solutions): English
中国本土: English / 日本語 / 簡體中文
香港/マカオ: English / 日本語 / 繁体中文 / 簡體中文
インド: English / 日本語
インドネシア: English
韓国: English / 日本語 / 한국어
マレーシア: English
フィリピン(DTSI): English
シンガポール: English / 日本語
台湾: English / 日本語 / 繁体中文
タイ: English / 日本語
ベトナム: English / 日本語

国内クラウドサービスの市場規模はすでに1兆円を突破
クラウドサービスの市場動向

“クラウド”という言葉が社会に広まり、ビジネスにおけるITの利活用に大きな変化を生み出してから10年近くが経過しました。この間クラウド自体も大きく進化し、従来は対応できなかった課題を解決できるサービスも登場しています。果たして、最新のクラウドサービスを使うことで、IT環境をどのように変革できるのでしょうか。

2016年12月にMM総研が発表した、国内クラウドサービスにおける2015年度(2015年4月~2016年3月)の実績を見ると、国内クラウドサービスの市場規模はすでに1兆円を突破しており、着実にクラウドサービスが各企業に浸透しつつある様子が伺えます。また同レポートでは、2020年度には市場規模が3兆円を超えると予測しており、今後もクラウドが広まり続けるのは間違いないでしょう。

このレポートでは、広く一般にサービスが提供されている「パブリッククラウド」と、VPNサービスなどを利用して接続し、自社のプライベートクラウド基盤のようにクラウドサービスを利用する「ホステッド・プライベートクラウド」の2種類に分け、各クラウドサービスのシェアも公表しています。それによれば、ホステッド・プライベートクラウドにおいて、NTTコミュニケーションズが提供する「Enterprise Cloud」は19.2%でトップシェアを獲得しています。

出典:MM総研「国内クラウドサービス需要動向」(2016年12月)

この記事が注目されています

カテゴリーピックアップ

このページのトップへ