Select Language : English 日本語

南北アメリカ

ブラジル: English / 日本語 / Português do Brasil
アメリカ: English

ヨーロッパ、中東、アフリカ(EMEA)

EMEA:
(ベルギー, フランス, ドイツ, オランダ, スペイン, アラブ首長国連邦, イギリス)
English / 日本語 / Español / Deutsch / Français
ロシア: English / 日本語 / русский

アジアパシフィック

日本(法人のお客さま): English / 日本語
日本(個人のお客さま): English / 日本語
オーストラリア(NTT Com ICT Solutions): English
中国本土: English / 日本語 / 簡體中文
香港/マカオ: English / 日本語 / 繁体中文 / 簡體中文
インド: English / 日本語
インドネシア: English
韓国: English / 日本語 / 한국어
マレーシア: English
フィリピン(DTSI): English
シンガポール: English / 日本語
台湾: English / 日本語 / 繁体中文
タイ: English / 日本語
ベトナム: English / 日本語

国内クラウドサービスの市場規模はすでに1兆円を突破
クラウドサービスの市場動向

“クラウド”という言葉が社会に広まり、ビジネスにおけるITの利活用に大きな変化を生み出してから10年近くが経過しました。この間クラウド自体も大きく進化し、従来は対応できなかった課題を解決できるサービスも登場しています。果たして、最新のクラウドサービスを使うことで、IT環境をどのように変革できるのでしょうか。

2016年12月にMM総研が発表した、国内クラウドサービスにおける2015年度(2015年4月~2016年3月)の実績を見ると、国内クラウドサービスの市場規模はすでに1兆円を突破しており、着実にクラウドサービスが各企業に浸透しつつある様子が伺えます。また同レポートでは、2020年度には市場規模が3兆円を超えると予測しており、今後もクラウドが広まり続けるのは間違いないでしょう。

このレポートでは、広く一般にサービスが提供されている「パブリッククラウド」と、VPNサービスなどを利用して接続し、自社のプライベートクラウド基盤のようにクラウドサービスを利用する「ホステッド・プライベートクラウド」の2種類に分け、各クラウドサービスのシェアも公表しています。それによれば、ホステッド・プライベートクラウドにおいて、NTTコミュニケーションズが提供する「Enterprise Cloud」は19.2%でトップシェアを獲得しています。

出典:MM総研「国内クラウドサービス需要動向」(2016年12月)

関連記事

この数年で飛躍的な発展を遂げているクラウド市場。今まで様子見をしていた企業も、いよいよ現実的に導入を検討せざるを得ない段階まできていると言っていいだろう。そこでクラウドNAVI編集部では、実際にクラウド導入した企業にヒアリング調査を実施。【続きを読む】

いまクラウド化が困難なオンプレミス環境を持つ多くの企業で「ハイブリッドクラウド」の導入が進んでいます。しかしハイブリッドクラウドにはさまざまな利用形態があり、事前の充分な検討、準備なしには想定した効果は得られません。【続きを読む】

日本各地に拠点を設立しているが、拠点間を接続するネットワークに問題があり、システムを安定して使えないといった状況が生じている。また、拠点によってセキュリティ対策の内容が異なるなど、ガバナンス面にも問題がある。【続きを読む】

特集コンテンツ

この記事が注目されています

このページのトップへ