クラウドパートナー プログラム アプリケーション/ソリューションソーシャルナレッジベース
Accela BizAntenna
(アクセラ・ビズアンテナ)

クラウド社会を見据え、企業のナレッジ活用を加速するサービスを拡充

アクセラテクノロジでは、Accela BizAntennaの今後の取り組みとして以下をあげている。   
・業務シーン別のナレッジ活用テンプレート充実   
・他クラウドサービスとの連携機能
前者は、「研究部門における論文など最新技術情報の調査」「宣伝部門/マーケティング部門/企画部門におけるコンテンツ活用」「機械や電気の設計部門におけるノウハウ集や失敗事例集」「ヘルプデスクにおけるQ&A集やマニュアルの蓄積と公開」などを検討している。また後者は、他のクラウドサービスからAccela BizAntennaの機能を呼び出して使うためのWeb APIや、他のクラウドサービスで生成されるコンテンツをAccela BizAntenna上に取り込むためのクローラーである。現在その第一弾として、日本国内でも最大級の利用者数を誇るクラウドサービス「Salesforce.com」とのゲートウェイの提供を予定しているという。

アクセラテクノロジ 代表取締役社長 進藤 達也 氏

「当社が創業した10年前にナレッジマネジメントのブームがあり、トップダウンで全社的に取り組む企業もありましたが、ナレッジの蓄積と活用がなかなか思うようにいかず一時下火となっていました。しかし最近になってまた、当社のお客様からナレッジに関わるご相談が増えてきています。今回は単なるブームではなく、グローバルな競争の中で勝ち残るためにナレッジで差別化をしようという切実なものなのです。一方、ITもインターネット上のサービスを中心に、検索技術そしてソーシャル系サービスで、この10年間に大きな革新が起こりました。そこには、かつてのナレッジの取り組みでの挫折を乗り越える多くのヒントが含まれています。また、クラウドの概念とその普及もITプラットフォームにおける大きな革新といえるでしょう。私たちは、この技術革新の恩恵を、個人向けのサービスだけでなく企業内のナレッジ活用で得られるようにしたいと考えており、それをサービスとして具現化したものがAccela BizAntennaです。今後も、引き続き、新世代のナレッジ活用法で日本企業の元気化にお役に立てるよう研究開発に取り組んでまいります。」と進藤氏は抱負を語った。

アクセラテクノロジ株式会社

会社概要

東京都渋谷区恵比寿1-19-19恵比寿ビジネスタワー13F
会社設立:2001年7月
資本金:1億4000万円

アクセラテクノロジ株式会社

企業特集トップへ

お問い合わせ

クラウドパートナー プログラム アプリケーション/ソリューショントップ アプリケーションサービス提供企業
ソリューションサービス提供企業クラウドパートナー プログラム
パートナーアプリケーション企業特集ビジネスICTセミナー
ニュース・更新情報

このページのトップへ

お問い合わせ