WORD STUDY

SD-WANとは?ネットワーク仮想化の
鍵を握るハイブリッドWANの威力

SD-WANは世界をつなぐ新しいネットワーク

SD-WANとは、Software Defined WANの略称であり、直訳すれば「ソフトウェアで定義(制御)されたWAN」である。サーバーやルータ などのハードウェアで構築されたネットワーク上に仮想的な別のネットワークを構築し、ソフトウェアで統括。一元管理を成すための、従来とは発想から異なる革新的な技術だ。

これまでの企業内ネットワークでは、国内、国外ともに、企業拠点ごとでネットワーク設定をするのが大前提だった。そのため、離れた別の拠点間で情報(データ)を共有するためには、

  • ネットワーク上でのセキュリティが担保されないインターネット
  • セキュリティが担保された専用回線

等を利用し、拠点間での通信を行う必要があった。あるいは、ある程度セキュリティが担保された、クラウド上のサーバーを介して情報を共有するという方法もあるが、その場合についても、拠点ごとにクラウド上のサーバーまでの通信設定を行う必要があり、必ずしも導入が簡単とは言えない。
また、拠点間同士をつなぐネットワーク環境を整備する上で、

  • 重要度の異なるデータを扱うための適切なネットワーク選択
  • データ量や利用者数の変化に応じた頻繁な帯域変更の即時対応
  • 各機器への経路制御に対する柔軟な対応

なども当然ながら発生する。さらに、企業内の各ユーザーが利用する端末(PC端末やタブレット端末など)の違いによる設定変更も、IT管理者としての業務に含まれる。こうしたシステムの保守・管理には、途方もないリソースが割かれているのが現実ではないだろうか。
結果的に、従来のWANの利用は、企業規模が拡大すればするほど、企業全体の通信環境を管理するIT管理者に、多大な負荷をかけることになる。その上、各端末を操作するユーザーにも煩雑な作業を余儀なくする上、ユーザーそれぞれのサービスレベルアグリーメントを満たす運用の維持には、想像以上のリソースとコストがかかっていた。

従来のネットワークとの比較

一方のSD-WANは、独自のコントローラーを用いることで、ソフトウェア上で様々な設定を行うことができ、国内外の拠点を問わず、様々な形態のネットワーク環境や端末 の設定を、一元管理することが可能となる。運用の負荷軽減はもちろん、グローバル企業に必須な事業場の拠点間接続をより柔軟に構築・変更・運用できるようになるのである。

SD-WANを使用したネットワーク

SD-WANでビジネスにイノベーションを

ここでさらに、SD-WANのハイブリッドWAN機能が注目を浴びる。SD-WANはそもそも、各拠点の出入口となるハードウェアを制御し、拠点間における仮想ネットワークを構築できる。 各ユーザーは、仮想ネットワーク間における様々な設定を、特に意識する必要もない。 ソフトウェアが仮想ネットワークを確立させ、拠点間同士でのセキュアな通信が可能となるのだ。

SD-WANとSD-LANによる仮想ネットワーク

これにより、例えば重要な業務アプリケーションへのアクセスはプライベートWANを通し、各拠点から社内ファイルサーバーやクラウドサービス等へのアクセスはインターネットを通す、といったネットワークの切り替えが柔軟にできる。この仕組みを導入することにより、ユーザーが属する組織では、自社におけるプライベートWANサービスの利用状況と、契約帯域幅を確認しながら、適切なコストで運用できることになる。これがSD-WANのハイブリッドWAN機能である。
SD-WANを利用することで、重要度に応じたネットワークへの振り分けや、ネットワーク品質の自動選択など、ビジネスの円滑化を図ることも可能となる。トラフィック分散の自動化、最適化を実現すると同時に、 回線費用のコスト抑制も可能とする。システム面でもコスト面でも企業に恩恵をもたらすツール、と言える。

NTTコミュニケーションズでは、柔軟で俊敏性の高いSD-WANサービス「Software-Defined Network Service(SDNS)」を開始した。同社がこれまで培ってきたセキュアで信頼性の高いインフラ(国内外に展開するデータセンターサービス・クラウドサービス・ネットワークサービスなど)を組み合わせて最適なICT環境を実現し、さらにそのICT環境全体に対して一元的な運用管理を可能とする「SDx+Mソリューション」を行っている。 これらを利活用することで、業務の迅速化、多様化に対応し、イノベーションが実現すると期待されている。