WORD STUDY

クラウドをどう組み合わせるか。
ハイブリッドクラウドの活用法

ハイブリッドクラウドの時代

ハイブリッドクラウドとは、パブリッククラウドとプライベートクラウドを組み合わせて利用する形態のクラウドだ。すでに多くの企業がパブリッククラウドとプライベートクラウドを使い分けて運用している。

パブリッククラウドは、一般的には以下の特徴がある。

  • クラウド事業者の設備を共用するため投資が不要で初期コストを抑えられる
  • ビジネスの要求や規模の変化に応じて動的にプロビジョニングされ、スケールを柔軟に変化させられる
  • 利用した分の費用が生じる従量課金制
  • 個人情報や企業の重要情報などのセキュリティ上の扱いは基本的には難しい

一方、プライベートクラウドは、一般的には以下の特徴があり、これらは実装上のいくつかのレベルはあるものの、基本的にはオンプレミスの要素に近い。

  • 特定の企業のファイアーウォール内で占有されるクラウド環境を構築
  • 自社のビジネスに特化したカスタマイズが可能
  • セキュリティ上の施策も打ちやすく、パブリックと比較して強固なものとなる
  • 初期コストはオンプレミス並みに発生する場合が多い

これらパブリッククラウドとプライベートクラウドの利点をうまく融合したものが、ハイブリッドクラウドと言える。
ハイブリッドクラウドは、パブリッククラウドの持つ柔軟性や低額な初期コストなどの利点に合わせ、セキュリティ上の心配の少ないデータを扱うシステムに向いており、一方で重要情報を扱う基幹システムなどはプライベートクラウドで実装する、という使い分けを行う。さらに、オンプレミスとなれば、社内環境にシステムが構築され、セキュリティ上強固なシステムとして運用される。

ハイブリッドクラウド

ハイブリッドクラウドを支える技術

ハイブリッドクラウドを支える技術は、クラウドそのものにある。クラウドは、いくつかの機能をレイヤーという単位で構成する。レイヤーには大きく3つある。

  • インフラストラクチャ・レイヤー:サーバー、ネットワーク機器、ストレージなどの資産
  • ミドル・レイヤー:アプリケーションを動作させるための基盤となるプラットフォーム
  • アプリケーション・レイヤー:ユーザーに提供するアプリケーション

この3つのレイヤーが、どこで動作していてもまったくユーザーに関係しないことがクラウドシステムの利点である。
実際は、1台のコンピューターの中で仮想空間を形成し、それぞれの仮想マシンが各々のサービスを提供しているようにふるまう。仮想マシンは1つのOSが動作し、複数のOSとして動いているように管理され、その管理を仮想マシンモニター(VMM)が行っている。
この考え方から実装される一連のサービスは、パブリッククラウドとプライベートクラウドを1つのクラウドのように管理する基盤となる。

ハイブリッドクラウドの統合的なマネジメント

クラウドの技術が基盤にあるハイブリッドクラウドに求められるのは、パブリッククラウドもプライベートクラウドも“一体的に管理できる統合管理環境”である。2つの構成を合わせた分、全体システム構成が複雑になってしまうのはハイブリッドクラウドのデメリットであり、運用主体がパブリッククラウド提供ベンダーと、プライベートクラウド、あるいはオンプレミスシステムを運用する主体は自社のリソースごとに分かれるなど、運用の整理も難題が残る。
そこで、パブリッククラウドもプライベートクラウドも両方を十分に理解するシステム管理者と、その管理者が統合してマネジメントをできるだけの環境が必要不可欠となる。

NTTコミュニケーションズでは、Cloud Management Platformにより複雑な環境を可視化し、一元的・一体的な運用のサポートを行っている。
ハイブリッドクラウド環境を統治し、可視化し、管理を行う。今後のハイブリッドクラウド運用の肝は、こうした統合管理の実現にあると言ってもいいだろう。