Foreign Employees Discussion

English

Japanese

Please introduce yourself briefly.

シュウェタ・
ゴーシュ
Shweta Ghosh

Shweta

My name’s Shweta Ghosh. I am from India and I did my master’s in electrical communication engineering at the Indian Institute of Technology Madras. I joined the company in October 2012. I work in the Hosting and Platform Cloud Service Division on the Service Development Team. Basically our team mission is to develop innovative services based on cloud technology. When I first came here I was working on OpenConnect cloud migration, and currently I’m working on providing cloud as infrastructure and a platform using OpenStack.

Sujeong

My name is Sujeong Park and I’m from South Korea. I studied business administration at Pusan National University. I joined NTT Communications in 2012 and now I’m working in the Customer Service Department Innovation Group. I’m working on two major projects: developing a system to help automation and standardization of customer service operations and creating a platform based on big data analysis to visualize and analyze the quality of our services globally.

Yanchu

I’m Yanchu. I was born in China, but then I moved to Hawaii when I was in elementary school. I did my master’s in electrical and communication engineering. Right now I’m working in the Network Service Division. My team is responsible for expanding the global cooperation of NTT’s Arcstar Universal One network by building our presence around the world through collaboration with other big carriers and connecting their networks with our own, and thus helping us to extend our coverage globally.

What are the best parts of your work at NTT Communications?

パク・スジョン Sujeong Park

Sujeong

What I enjoy most in my current job is seeing how the tools or systems I have developed enhance the operation or efficiency of our global and domestic operation teams. Customers appreciate when we can quickly resolve their issues, so I feel fulfillment that my work helps increase their satisfaction.

Yanchu

The current work allows me to have a lot of contact with our own overseas affiliates and with overseas partner carriers. It allows me to see how we compare to those carriers and how we can improve our service in the future. That is the part that I enjoy most about my job.

Shweta

My job is very interesting in the sense that even though I had not previously worked in cloud, my work is fairly technical so I get to learn a lot about server configuration, networking, and various technologies. Cloud right now is a really hot topic and there’s lots of research going on in the market. My day-to-day work has a great deal of studying, researching, and then working on my own environment, and I do deployment work, testing, and designing. It’s fun that I get to learn so much and I am quite happy with how it’s going.

How do you communicate with other staff in your team?

ヤンチュ・ツァン Yanchu Zhang

Yanchu

In my team, when I first entered the company I didn’t speak much Japanese so my team members spoke English with me. Gradually I increased my Japanese skills so now I’m mainly working in Japanese with my team. I think the language barrier is of course an important point, but for people coming from a foreign country the style of communication may be what is most difficult. The Japanese company has kind of a structure from bottom to top, so everyone at the bottom has a consensus before presenting the idea to the top management. From a foreigner’s perspective that is something that’s important to understand.

Shweta

When I came here, I still didn’t know Japanese, so my treatment has been a little bit lenient. Even though I am an amateur when it comes to Japanese language it has never undermined my abilities as an engineer and I have been given competitive and challenging tasks by my team in my day-to-day work. I think that use of English and/or Japanese differs team-to-team. Especially in my team, all of the members can speak a decent amount of English and have a good command of the language. So in my case they’re quite helpful in translating and explaining everything to me in English. Our team meetings are in English so I can participate, and I don’t have to attend many Japanese meetings. People are quite helpful and supportive. HR also provides support for language training for us, for which I am grateful.

What were the reasons you decided to work in Japan?

Shweta

During my college I did a summer internship in New York, which was my first experience going abroad and working. It was an eye-opening experience for me and I realized that I could adapt fairly quickly to a new working environment and culture. Japan, however, is a whole new world on its own as different as it could get from the US because of the difference in language and culture. But living and working in Japan, learning about its rich history, culture, food, and hospitality that I had heard about so many times before was a new challenge I could not resist. So even though I knew absolutely nothing about the Japanese language I came to Japan.

Why did you join NTT Communications?

Sujeong

When I was in university, I had a case study about NTT Docomo and the NTT Group that taught me about the company. At that time I never expected to work in Japan but NTT Communications visited our university for recruitment and I found that the company hires foreigners. I searched for some background information about NTT Communications and I saw that the NTT Group is a Fortune 500 company and has many global subsidiary offices all over the world, so I believed this would give me a range of international experience in my career life, which helps me to achieve my long-term goal of become a global market creator in the telecommunications industry. And as we know, Japan is a country with one of the strongest economies, especially in Asia, so I expected there would be many things to learn, like Japanese business style and management, such kaizen activities, and of course the language.

Yanchu

When I studied in Japan during my master’s I did a study on how Japanese companies can expand their reach; how can they really and truly become global companies. At that time I actually used the NTT Group as an example. In my school, some of my senior classmates worked at NTT Communications and I learned a lot from them. In terms of our global competitiveness, of course in Japan we’re #1, and in Asia we have a high ranking, but looking at it globally we are still not all that strong. So at that point I thought that instead of entering a company that has already established its presence globally maybe I can enter a company that has a great deal of potential and things that can be done to help further the reach. That’s why I think NTT Communications was a good choice for me.

Shweta

NTT Communications came to our school for recruitment in my final year. Before that I actually didn’t know much about NTT Communications. After an interview and my resume being shortlisted I found that actually it’s a very big company within a Fortune 500 company, and has a big presence worldwide as well. So I thought this may be a good start to my career. My master’s is in communication engineering and I thought that it was very relevant to the ICT sector, so I was very excited.

Could you tell us about your career plan?

Yanchu

As I mentioned, in my research I found NTT Communications still has a relatively small global presence and is a little less familiar to those outside of Asia. That’s something I want to improve, maybe developing a marketing strategy for global products and helping NTT to expand, to get more people to know about our company.

Shweta

I’m working here in Japan and I’m enjoying it, and later I hope to use the full range of my potential to work as a global employee and be a really good asset to the company by dealing with foreign vendors and companies. That’s my career vision, but I also think having expertise in my current, more technical field is good motivation.

Sujeong

Because I studied business administration I always wanted to be a market creator or to do something with marketing or promotion for our services or to expand our name value. If I have the chance I want to go to a global market like the US or Europe, not just Asia, because I’m from South Korea and now I’m in Japan ? both Asian countries. I want to gain a broader, more open-minded vision for myself. So if I get a chance I want to take the opportunity to make some type of system or services to expand our name value and work on business changes, business opportunities, and help the company profit.

This is Our Private

Impressive places in Japan
Onsen (hot springs) towns ? A great way to get away from the cities and quietly enjoy a more traditional Japan.
Interesting aspects of Japanese culture
Traditional literature (waka, monogatari, etc.), and how they reflect Japanese aesthetics and feelings.
Favorite food in Japan
Sushi.
Differences between Japan and home country
Japan maintains its roots and traditions despite it being one of the most modernized and globalized countries.
Impressive places in Japan
Sapporo snow festival, Kyoto’s ancient temples, night view from Tokyo Skytree, Okinawa’s scenic beauty and beaches.
Interesting aspects of Japanese culture
The single language has three different alphabets. Punctuality is also regarded as the utmost respect you pay to others.
Favorite food in Japan
Okonomiyaki ? a type of grilled pancake with various vegetables, seafood, meat, and Japanese seasonings.
Differences between Japan and home country
Japan is leaps and bounds ahead of India in terms of technology and infrastructure. Japanese people are also very honest and hospitable.
Impressive places in Japan
Harajuku ? Maybe there’s no other place in Japan or elsewhere in the world where you can feel such style.
Interesting aspects of Japanese culture
Japanese people never mix their food; even curry rice! This is totally opposite from Korean culture.
Favorite food in Japan
Kaisendon ? rice bowl topped with Japanese sashimi (thin slices of raw fish). It’s like art.
Differences between Japan and home country
Communication style ? Japanese people communicate in non-verbal ways, such as feelings and thinking.

簡単に自己紹介をお願いします。

シュウェタ・
ゴーシュ
Shweta Ghosh

シュウェタ

私はシュウェタ・ゴーシュです。インド出身で、インド工科大学マドラス校で電気通信工学の修士号を取得しました。NTT Comには2012年に入社し、クラウドサービス部のホスティングサービス部門でサービス開発を担当しています。この部門の基本となるミッションは、クラウド技術を活用した革新的なサービスを開発することです。入社当初はOpenConnectのクラウドマイグレーションを担当していましたが、現在はインフラストラクチャとしてのクラウドとOpenStackを利用したプラットフォームの提供関連の業務に取り組んでいます。

スジョン

私は韓国出身のパク・スジョンです。釜山大学校で経営学を学びました。NTT Comには2012年に入社して、現在はカスタマサービス部のイノベーション部門に所属しています。現在は2つの大きなプロジェクトに携わっています。ひとつは、カスタマサービス業務の自動化と標準化をサポートするシステムの開発プロジェクト、そしてもうひとつはビッグデータの解析をベースにグローバルなサービス品質の可視化と分析を行うプラットフォームの作成プロジェクトです。

ヤンチュ

私はヤンチュです。生まれは中国ですが、小学生のころにハワイに移住しました。大学院では電気通信工学の修士号を取得しました。現在はネットワークサービス部で働いています。私が所属しているチームでは、NTTのArcstar Universal Oneネットワークのためのグローバルな協力体制の拡大を担当しています。NTTの国際的なプレゼンスの拡大を目指して、海外の大手通信キャリアとの協力関係の構築、そしてそれら通信キャリアが持つネットワークとNTTのネットワークとの相互接続に取り組んでいます。私たちのサービス提供範囲をグローバル規模で拡張していくことが狙いです。

NTTコミュニケーションズの仕事でいちばん
気に入っているのはどんなことですか?

パク・スジョン Sujeong Park

スジョン

自分の開発したツールやシステムが、国内外のさまざまなチームの業務の改善や効率性の向上に貢献していると感じられることが、今の仕事のいちばんの楽しさですね。問題を素早く解決できれば、顧客から高い評価を受けることができます。自分の仕事が顧客満足度の向上に役立っているのだと思うと、充実感があります。

ヤンチュ

現在の仕事では、海外のNTT関連会社や提携キャリアとやりとりをする機会がたくさんあります。海外の提携キャリアと自分の会社とを比較することで、これから自分たちのサービスをどのように改善していけばいいのかの答えが見えてきます。これが今の仕事でいちばん面白いところですね。

シュウェタ

私は、現在の職場に来るまでクラウド関連の仕事に従事したことはありませんでした。ですが、この仕事は非常に技術的で、サーバのコンフィギュレーションやネットワーキングなど、さまざまなテクノロジーについて学ぶことができるので、とても面白く感じています。今、クラウドはまさに最先端のテーマで、マーケットではクラウドに関する研究が盛んに行われています。私も日々の業務の中でたくさんの調査や研究を行っています。それを自分の業務へ反映させて、デプロイやテスト、デザインなどを進めていきます。多くのことを学ぶことができて楽しいですし、現在の仕事にはとても満足しています。

チームの他のメンバーとはどのようにコミュニケーションをとっていますか?

ヤンチュ・ツァン Yanchu Zhang

ヤンチュ

入社当時はまだ日本語があまり話せなかったので、チームメンバーの皆さんとは英語で会話をしていました。その後、だんだんと日本語がうまく使えるようになってきて、今ではチーム内では日本語メインでコミュニケーションをとっています。言語の壁ももちろん重要なポイントではありますが、外国から日本にやってきた人にとっての一番の難関は、コミュニケーションのスタイルの違いかもしれません。日本の企業はいわばボトムアップの構造なので、下にいる人間の間でコンセンサスを形成してから、上司や経営陣に向けてアイディアや提案を上げていくスタイルです。このことを理解することが、外国人にとっては重要ではないかと感じています。

シュウェタ

私は最初は日本語がさっぱりわかりませんでした。ですから、その分、まわりのみんなが、親切にやさしく接してくれていたと思います。今でも日本語に関してはアマチュアですが、日本語ができないからといって技術者としての能力が劣っていることにはなりません。毎日の業務の中では、難しい、やりがいのあるタスクを与えてもらっています。チームによっては、日本語をメインに使っているところもあれば、英語を使っているところもあるようですが、私が所属しているチームの場合は英語で行われるので私も参加することができます。また、メンバー全員がかなり上手に英語を話すことができます。仲間たちが日本語を英語に訳してくれたり、英語で説明してくれたりするので、とても助かっています。日本語のミーティングには私はあまり参加しなくてもいいことになっていますが、人事部からは日本語の語学研修の機会も提供されています。みんなとてもやさしくて協力的なのでありがたいです。

日本で働こうと思った理由は何ですか?

シュウェタ

大学生のとき、私は夏休みにニューヨークでインターンシップを経験しました。それが私にとって最初の海外経験、そして初めての就業経験でもありました。新しい経験ばかりの毎日でしたが、自分が新しい仕事や文化にもかなり素早く順応できるタイプの人間なのだということもわかりました。でも、日本はアメリカとは全く違う国ですし、言葉も文化も違いますから、ここでの経験も新しいことばかりです。それでも、日本で生活し仕事をするということ、日本という国の豊かな歴史や文化、食について、そしてここに来る前から何回も耳にしてきた「おもてなし」の心について学ぶ機会が得られるということは、私にとってはこのうえない魅力的なチャレンジに思えたのです。ですから、日本語は全く話せなかったにもかかわらず、日本に行ってみようと思ったのです。

NTTコミュニケーションズを選んだ理由は?

スジョン

大学生のころ、事例研究でNTTドコモとNTTグループについて取り上げました。それがこの会社のことを知るきっかけとなりました。そのころは日本で働くことなんて考えてもみませんでした。その後、NTT Comの採用担当の方が私たちの大学に来たときに、この会社では外国人も雇用しているのだということを知りました。それで、私はNTT Comという会社を調べてみました。NTTグループは「フォーチュン500」に選ばれている大企業で、世界中に数多くの子会社を展開していることがわかりました。ここで仕事をすることで、国際的な経験を幅広く身につけることができ、通信業界でグローバルに活躍するマーケットクリエイターになるという長期的な目標の実現にも近付くことができるのではないかと思いました。そしてもちろん、日本は世界的な経済大国のひとつですし、特にアジアではトップクラスです。日本式の経営やビジネススタイル、カイゼン(改善)活動、そしてもちろん日本語まで、日本で学べることはたくさんあると考えたのです。

ヤンチュ

私は日本の大学院で修士号を取得しました。そこでは、日本企業の事業拡大の可能性について、日本企業が真の意味でのグローバル企業になるためにはどうすればよいか、といったテーマで研究を行いました。その際に事例として取り上げた企業のひとつがNTTグループでした。大学の先輩にもNTT Comに就職している人が何人かいましたので、いろいろ教えてもらうことができました。グローバルな競争力でいうと、NTTはもちろん日本国内ではナンバーワンですし、アジアでもランキングの上位にいますが、世界的に見ると比較的まだ小さな規模です。私は、すでにグローバルな地位が確立されている企業よりも、将来のポテンシャルが大きく、事業拡大のためにできる仕事がたくさんあるような会社に入ったほうがいいのではないかと考えました。NTT Comを選んだことは間違っていなかったと思っています。

シュウェタ

大学の最終学年のとき、NTT Comの採用担当者が大学に来てくれました。それまでは、正直なところNTT Comについてはほとんど何も知りませんでした。NTTがフォーチュン500企業のひとつであり、世界的にも大きく事業展開している大企業だということを知ったのは、面接を受けて、書類選考も通過した後のことでした。自分のキャリアのスタートとしては素晴らしい会社だと思いました。私の修士課程の専門は通信工学でしたから、研究テーマと関連の深いICTの分野で仕事ができるのはとてもうれしいことでした。

キャリアプランについて教えてください。

ヤンチュ

先ほども言いましたが、NTT Comのグローバルプレゼンスはまだ比較的小さなものです。アジア以外では知名度もそれほど高くありません。私はそこを変えていきたいと思っています。グローバル製品のマーケティング戦略の構築やNTT全体の事業拡大、そして企業の知名度向上に貢献していくことができればと考えています。

シュウェタ

今は日本での仕事を楽しんでいますが、いずれは自分の能力をフルに発揮して、グローバルな戦力として活躍できるようになりたいです。海外のベンダーや提携企業とのやりとりを担当するなど、会社にとって本当に役立つ人材になりたいと思っています。また、そうした長期的なビジョンは別にして、現在の技術分野での専門性を高めていくということも大きなモチベーションになっています。

スジョン

経営学を学んだ人間として、自分はマーケットクリエイターになりたいといつも思っています。NTT Comが提供しているサービスのマーケティングやプロモーションに関わる仕事、NTT Comのネームバリューを高めるための仕事をしたいと考えています。そして、チャンスがあれば、米国やヨーロッパなど、グローバルなマーケットで仕事がしたいと思っています。私は韓国人で、今は日本で仕事をしていますが、いずれはアジアの外に飛び出していきたいのです。個人的にも、もっと広く自由な視野を身につけたいと思っています。ですから、機会があれば、NTT Comのネームバリューの向上につながるようなシステムやサービスの創出に関わる仕事や、事業変革や新しいビジネスチャンスに関わる仕事、会社の収益拡大に貢献できるような仕事をしていきたいと考えています。

This is Our Private

プライベートについて

日本で気に入っている場所は?
温泉です。都会の喧騒から離れて、昔ながらの日本を静かに体感できます。
日本文化で興味があるのはどんなところですか?
古典文学(和歌や物語など)ですね。文学が日本的な美学や感性に与えている影響が興味深いです。
好きな日本食は?
お寿司です。
自分の国と日本との違いは?
世界的にも最も近代化とグローバル化の進んだ国でありながら、日本は伝統やルーツをしっかりと引き継いで守っているところですね。
日本で気に入っている場所は?
さっぽろ雪まつり、京都の古いお寺、東京スカイツリーから眺める夜景、沖縄の美しい自然やビーチなどが気に入っています。
日本文化で興味があるのはどんなところですか?
ひとつの言語なのに3種類の文字があるところです。時間を守ることが相手に対する最大の礼儀であると考えられているところも面白いですね。
好きな日本食は?
お好み焼きです。
自分の国と日本との違いは?
テクノロジーやインフラの面では、日本はインドよりもはるかに先を進んでいる国です。それに、日本人はとても誠実で、親切ですね。
日本で気に入っている場所は?
原宿ですね。ああいう感覚を味わえる場所は、世界的にはもちろん、日本国内でも他にないのではないかと思います。
日本文化で興味があるのはどんなところですか?
日本人は食べ物を混ぜませんよね。カレーライスでも! 韓国の食文化とは正反対です。
好きな日本食は?
海鮮丼です。まるで芸術作品のようだと思います。
自分の国と日本との違いは?
コミュニケーションのスタイルですね。日本人は感情や思考など、非言語的な方法でコミュニケーションをとりますよね。