Select Language : English 日本語

南北アメリカ

ブラジル: English / 日本語 / Português do Brasil
アメリカ: English

ヨーロッパ、中東、アフリカ(EMEA)

EMEA:
(ベルギー, フランス, ドイツ, オランダ, スペイン, アラブ首長国連邦, イギリス)
English / 日本語 / Español / Deutsch / Français
ロシア: English / 日本語 / русский

アジアパシフィック

日本(法人のお客さま): English / 日本語
日本(個人のお客さま): English / 日本語
オーストラリア(NTT Com ICT Solutions): English
中国本土: English / 日本語 / 簡體中文
香港/マカオ: English / 日本語 / 繁体中文 / 簡體中文
インド: English / 日本語
インドネシア: English
韓国: English / 日本語 / 한국어
マレーシア: English
フィリピン(DTSI): English
シンガポール: English / 日本語
台湾: English / 日本語 / 繁体中文
タイ: English / 日本語
ベトナム: English / 日本語

環境保護活動
グリーンICTビジョン2020の振り返り

「グリーンICTビジョン2020」では、2020年に向けて3つの数値目標と1つの行動目標を掲げていました。

それらにグループ一体となって取り組んだ結果、一部の指標を除き、おおむね当初の目標を達成しました。

 

環境テーマ 指標 2020年度目標 2015年度実績
低炭素社会の実現 CO2排出量*1

31.8万t-CO2

(参考:電力消費量8.9億kWh)

(2008年度比15%以上削減)

42.7万t-CO2(34%増加)、7.6億kWh(15%減少)

・CO2排出量は、排出係数が1.5倍に増大しているため目標未達成

・空調自動制御システムSmartDASHの導入や気流改善の実施、オフィスの節電対策等により電力消費量は目標達成

循環型社会の形成 廃棄物最終処分率*2 2%以下

2.1%

・3Rの徹底、処理事業者や処理方法を変更するビルを拡大し処分率は低下傾向、2016年度に2.0%以下を達成見込

1人当たりの紙使用枚数 8,500枚/年(2008年度比30%削減)

6,565枚/人年

・ICカード複合機の導入、タブレットやプロジェクターによるペーパレス会議の推進により目標達成済

生物多様性の保全 生物多様性と事業との関わりを把握し、生物多様性を将来世代に引継ぐため取り組みを推進

・生物多様性の保全に関する行動指針の策定

・海底生物に配慮した海底ケーブル敷設、事業と連動したサンゴ保全、ICTを活用した見まわり楽太郎の開発等を実施

*1 CO2排出係数:2020年度:0.33kg-CO2/kWh<電気事業連合目標値>

*2 最終処分率:最終処分場に持ち込んだ量÷総排出量

このページのトップへ