Select Language : English 日本語

南北アメリカ

ブラジル: English / 日本語 / Português do Brasil
アメリカ: English

ヨーロッパ、中東、アフリカ(EMEA)

EMEA:
(ベルギー, フランス, ドイツ, オランダ, スペイン, アラブ首長国連邦, イギリス)
English / 日本語 / Español / Deutsch / Français
ロシア: English / 日本語 / русский

アジアパシフィック

日本(法人のお客さま): English / 日本語
日本(個人のお客さま): English / 日本語
オーストラリア(NTT Com ICT Solutions): English
中国本土: English / 日本語 / 簡體中文
香港/マカオ: English / 日本語 / 繁体中文 / 簡體中文
インド: English / 日本語
インドネシア: English
韓国: English / 日本語 / 한국어
マレーシア: English
フィリピン(DTSI): English
シンガポール: English / 日本語
台湾: English / 日本語 / 繁体中文
タイ: English / 日本語
ベトナム: English / 日本語

環境保護活動

「エコICTマーク」とは

 

エコICTマーク

エコICTマークとは、ICT分野におけるエコロジーガイドライン協議会が定めるシンボルマークです。
電通信事業者が適切にCO2排出削減などの取り組みを自己評価し、その取り組み状況に応じて「エコICTマーク」を表示し、適切に活動していることを広く公表することができます。

NTTコミュニケーションズグループはエコICTマークの取り組みに参加しています。

電気通信事業者によるCO2排出削減の取り組み自己評価チェックリスト

事業者名 : NTTコミュニケーションズ株式会社

【必須項目】

 

 

評価項目

実施の有無・取り組みの内容













1

CO2排出削減を目的とした各種取り組みを記載した環境自主行動計画を策定・運用しているか

CO2排出削減をはじめ廃棄物や紙使用量削減など環境負荷低減について、環境保護活動におけるNTTコミュニケーションズグループの主要行動計画を策定し運用している。
■CSR報告書2016
地球環境への貢献(基本理念とビジョン・低炭素社会の実現)(PDF形式/2,067KB)

2

環境自主行動計画に、CO2排出削減を目的とした各種数値目標を記載した具体的な取り組みを盛り込んでいるか

温暖化防止目標について、2020年の数値目標を設定し、CO2 削減に向けた具体的取り組みを実施している。
―2020年度では、CO2排出量を31.8万t-CO2以下とする。(2008年度比15%削減)
―2016年度では、CO2排出量を27.2万t-CO2以下とする。
■CSR報告書2016
地球環境への貢献(基本理念とビジョン・低炭素社会の実現)(PDF形式/2,067KB)

3

環境自主行動計画を社内外に公表するとともに、社員への周知・啓発活動を行い、環境意識向上に努めているか

CSR 報告書やホームページを通じて社内外に公表するとともに、オフィスにおける電気・紙・ごみの実績を毎月、集計・公表(「見える化」)し、社内周知を行うことで継続的に啓発活動を実施している。
加えて、NTTグループで開催される環境担当者向けの勉強会への参加や、NTTコミュニケーションズグループの環境保護推進部会の資料公開などを通じて、社員の環境に対する知識および意識の向上にも努めている。

4

環境自主行動計画に記載した各種取り組みの実施状況・達成状況を一般に公開しているか

目標達成状況や取り組み実施状況について、CSR 報告書や環境保護活動のホームページを通じて社内外に公表している。
■CSR報告書2016
地球環境への貢献(基本理念とビジョン)(PDF形式/2,067KB)

調






5

ICT機器、データセンターについて、省エネを勘案した調達基準を作成し、それに沿った調達を行っているか

「ICT分野におけるエコロジーガイドライン第7版」の公表を受け、「NTTグループ省エネ性能ガイドライン」の第7版を制定し、ICT装置についても、機能、性能、コストに加え、省エネルギー性能を考慮した装置の開発・調達を進めています。
■NTTグループ省エネ性能ガイドライン
http://www.ntt.co.jp/kankyo/management/guideline/energy.html
■グリーン調達に関するガイドライン
http://www.ntt.com/about-us/csr/eco/details.html#ecoLink03

6

オフィスで利用する事務機器、物品、物流について、グリーン購入など省エネに配慮した調達を行っているか

NTTコミュニケーションズは、2013年12月にグリーン調達ガイドライン第2版を制定し、サプライヤーの評価基準として環境保全への取り組みを盛り込み、サプライチェーン全体での環境負荷低減を目指しています。環境配慮した事務用紙では、古紙を配合した用紙や、環境に配慮した純正パルプを100%使用した用紙を利用しています。
■CSR報告書2016
地球環境への貢献(環境マネジメント)(PDF形式/2,067KB)




7

CO2排出削減の取り組みについて、担当部署もしくは担当者を設けているか

CO2排出削減に向けて、環境保護推進室を事務局とする「地球環境保護推進部会」内に「温室効果ガス削減WG」を設置し、国内外を含めグローバルな取り組みを行っている。

■CSR報告書2016
地球環境への貢献(環境マネジメント)(PDF形式/2,067KB)

8

環境自主行動計画に掲げた目標などの実施状況・達成状況について、適切に把握するとともに内部監査などを行う体制をとっているか

「地球環境保護推進部会」を原則、年2回開催し、課題別に設置したWG毎に活動の総括や情報の共有を行っている。
また、ISO14001を取得し、内部監査を年1回実施するとともに、外部審査機関による審査、更新による継続的な改善を実施している。
■CSR報告書2016
地球環境への貢献(環境マネジメント)(PDF形式/2,067KB)

【任意項目】

    

 

 

評価項目

実施の有無・取り組みの内容













9

省エネの取り組み以外に環境に配慮した取り組みを行っているか

・事務用紙の削減を目的に、2in1印刷、複合機の導入、タブレットなどICTを活用した会議を推進し、2016年度年間8,500枚/人以下に取り組む。
・生物多様性の保全の行動指針に基づき取り組む。(データセンターなどの水の再利用や植生の維持、野鳥観察を目的とした無線基地局の提供)
■CSR報告書2016
地球環境への貢献(生物多様性の保全・循環型社会の推進)(PDF形式/2,067KB)

10

地域社会と連携した環境保全の活動を行っているか

NTTコミュニケーションズグループでは、社員やその家族が気軽に参加できる「里山保全活動」、「近隣ビル周辺や海岸清掃」、「東日本大震災復興支援」など参加型CSRプログラムを実施しています。
■社会貢献活動
http://www.ntt.com/about-us/csr/social.html
■CSR報告書2016
社会への貢献(社会貢献・コミュニティ開発)(PDF形式/834KB)

PDF形式の書類をご覧になるためにはAdobe Readerが必要です

このページのトップへ