Select Language : English 日本語

南北アメリカ

ブラジル: English / 日本語 / Português do Brasil
アメリカ: English

ヨーロッパ、中東、アフリカ(EMEA)

EMEA:
(ベルギー, フランス, ドイツ, オランダ, スペイン, アラブ首長国連邦, イギリス)
English / 日本語 / Español / Deutsch / Français
ロシア: English / 日本語 / русский

アジアパシフィック

日本(法人のお客さま): English / 日本語
日本(個人のお客さま): English / 日本語
オーストラリア(NTT Com ICT Solutions): English
中国本土: English / 日本語 / 簡體中文
香港/マカオ: English / 日本語 / 繁体中文 / 簡體中文
インド: English / 日本語
インドネシア: English
韓国: English / 日本語 / 한국어
マレーシア: English
フィリピン(DTSI): English
シンガポール: English / 日本語
台湾: English / 日本語 / 繁体中文
タイ: English / 日本語
ベトナム: English / 日本語

環境保護活動

環境戦略の指針詳細

地球環境憲章

基本理念

NTTコミュニケーションズグループは、グローバルな規模であらゆるお客さまの利益につながる最高水準のサービスを創造し、提供するすべての過程において、地球環境保全に積極的に取り組むとともに、環境にやさしい社会の実現に貢献します。

基本方針

すべての企業活動において、次の方針を基本とする。

1.企業責任の遂行

環境保全に関する国内外の法規制を遵守することはもとより、事業活動によって環境に与える影響を評価し、環境汚染の未然防止に努めるとともに省エネ、省資源、廃棄物削減等に目標を設定し継続的改善に努めます。

2.環境にやさしい社会実現に向けた活動の支援

環境保全やリサイクル関連の情報流通プラットフォームやテレワーク等の新しいライフスタイルを可能とするネットワークサービスを開発・提供することで、人と地球にやさしい低環境負荷社会の実現に貢献します。

3.社会活動を通しての貢献

地域住民、行政等と連携して、日常的な環境保護活動の支援に努めます。

4.環境情報の公開環境

関連情報を公開し、社内外とのコミュニケーションを図ります。

5.生物多様性の保全と持続可能な利用(生態系の保全と持続可能な利用)

(環境負荷の低減の取り組みに加え、)生態系から得ている恵みと事業活動が与える影響を認識し、自然との共生を推進します。

 

NTTコミュニケーションズグループ 生物多様性の保全に関する行動指針

1.基本方針
<NTTグループで定める、『NTTグループ 生物多様性「取り組みの考え方」』に準拠>

  • 事業活動を軸とした展開
    あらゆる活動が地球上でつながり生物多様性と関わりが深いことを認識し、事業特性に応じて関係する国内外の活動範囲とその影響を把握し、保全効果が認められる取り組みを推進します。

  • 社会への貢献を軸とした展開
    事業との関連性にとらわれず広く、生物多様性の保全に向けた取り組みをステークホルダーとともに推進し、その成果を情報公開していきます。

2.行動方針

  • 事業活動における生物多様性保全に配慮した行動を実施(Green of ICT)
  • 事業活動による社会の生物多様性の保全に貢献(Green by ICT)
  • 生物多様性の理解を深め、従業員やその家族、地域とともに自然保護活動を推進(Green with Team NTT)

 

グリーン調達に関するガイドライン

【グリーン調達ガイドライン】NTTコミュニケーションズでは、1999年に「グリーン購買ガイドライン」を制定しました。本ガイドラインを 2010年にNTTグループで定める「省エネ性能ガイドライン」に準拠させ、当社が課題と考えるICT自身の省エネ化(Green of ICT)の観点を追加すると同時に「グリーン調達ガイドライン」へ名称変更しました。
NTTコミュニケーションズでは、本ガイドラインの適用により、お取引させていただくサプライヤーの選定条件に自身の環境保全への取り組みや調達品における環境保全の要素を加えました。
NTTコミュニケーションズはグリーン調達の取り組みを通じて、サプライヤーの皆さまとともに環境保全活動のレベルアップに取り組み、さらなる社会貢献の実現に寄与していきたいと考えます。

【概要】

  • グリーン調達の適用範囲
  • グリーン調達の定義
  • サプライヤーとしての環境保全の取り組みについて
  • 製品に関する環境負荷低減について
  • リサイクルや廃棄の方法について
  • その他

NTTコミュニケーションズの「グリーン調達ガイドライン」はこちらをご覧ください。(PDF 457KB)

NTTグループの「省エネ性能ガイドライン」はこちらをご覧ください。

 

エコカー導入指針

【NTTコミュニケーションズグループ 低公害車などの導入指針】

1.目的

環境負荷低減の取り組みの一環として、社内で導入する自動車の低公害化を図る。

2.対象

NTTコミュニケーションズグループ会社で導入する自動車。
但し、特別車(移動電源車や放送中継車)、低公害車両がない車両は除く。

3.導入基準

  • 原則低公害車を導入すること。(低燃費かつ低排出ガス認定車<平成22年燃費基準達成車>)
  • 低公害車の導入が困難な場合は、一般車の中でもより排出ガスの少ない自動車を導入する。

4.目標

2015年までに低公害車両*の導入率100%を目指す。
*低公害車両:平成22年度燃費基準0%以上と位置付ける。

5.今後の取り組み

  • エコドライブの研修会の開催
  • ドライブドクターの装着の推進
    車両の運行管理、安全運転の促進・事故防止、環境への貢献を目的に導入を推奨。

 

PDFファイルをご覧いただくためには、「Adobe Reader」がインストールされている環境が必要となります。

このページのトップへ